第18回 様々な材料の応力ひずみ線図【 MONOWEB(材料力学編)】

・「脆性材料」とは脆い材料のこと
・「延性材料」とは延びる材料のこと
・機械的特性を良く理解した上で材料の選定をする必要がある
・耐力とは

について学べます。

 

【書き起こし】第18回 様々な材料の応力ひずみ線図【 MONOWEB(材料力学編)】

(00:00)材料力学の基礎を学ぶ ハート8様々な材料の応力ひずみ線図 機械設計で使用する材料は多岐にわたりますがここでは主な3種類の線図をご紹介し ますそれでは早速本題に入っていきます はじめに図に示したのが難航の応力ひずみ線図です 南港は延性材料に分類される材料であり肌に至るまでに十分に伸びます 一方延性材料に対して脆性材料があります 脆性材料とは字の通り諸井材料のことでありガラスやコンクリートなどが該当します 金属では鋳鉄が脆性材料にあたります 脆性材料はほとんど伸びずに破談に に至ります また軟膏と同じ延性材料ですが図のように降伏点を持たない延性材料があります
(01:08) 延性材料は字の通り伸びる材料のことであり アルミニウムプラスチックゴムなどです 金属ではステンレス鋼が延性材料に該当しま ます延性材料は十分に伸びた後に肌身至ります 以上のように材料によって描かれる千頭が異なりますので 機械設計をされる際はこれらの機械的特性をよく理解した上で材料の選定をする必要が あります例えば ss 400などの軟膏を使った部品の強度計算では引張強度や 降伏強度から許容応力や安全率を決定しますが ステンレスやアルミニウムには南港のような降伏点が存在しません このように降伏点を持たない延性材料の場合 0.2%の残留歪が残る状態を破壊と定義するのが一般的です 0.2%の残留ひずみとは
(02:13) 1000mm の長さの材料の場合 線2mm となります 果汁を除去した際に元の長さに戻らず 2mm の歪みが残ります従って降伏点を持たない延性材料の場合 果汁を除いた際に残る歪みが0.2%となるときの応力を 体力と定義して材料の強度の 目安とされることが多いようです この動画シリーズでは材料力学を設計で使えるようになるために必要な基礎知識となる 次に示す内容を解説しています是非 もの web にチャンネル登録をお願いします ん [音楽]

【メルマガでも設計に関する情報を配信中】
全18冊の無料PDFテキスト付き
登録はこちらから → https://d-monoweb.com/flpmb/

【関連記事】
様々な材料の応力ひずみ線図
http://d-engineer.com/zairiki/samazama.html

 

関連記事一覧