機械設計技術:すべり摩擦と転がり摩擦、摩擦係数の考え方 静止摩擦力と動摩擦力

すべり摩擦ところがり摩擦の違いについて解説しました。静止摩擦力と動摩擦力の違い、摩擦係数の考え方を摩擦係数の測定を実験で検証して比較してみました。

・ミスミ リニアガイドの摩擦係数
https://jp.misumi-ec.com/pdf/fa/2014/p1_525.pdf

・ミスミ 乾燥摩擦係数の一覧
https://jp.misumi-ec.com/tech-info/categories/plastic_mold_design/pl07/c0874.html

0:00 すべり摩擦と転がり摩擦の概要
1:03 摩擦係数と摩擦抵抗
2:56 実設計での考え方
3:46 摩擦係数を小さくする方法
6:09 すべり摩擦係数 転がり摩擦係数
8:01 摩擦係数の測定実験
10:26 設計するときの判断基準

 

・この動画は現役の機械設計エンジニアが作成しています
・講師は3D CAD歴26年、機械設計技術者1級を取得しています
・色覚弱者の方にも無理なく見ていただけるように、配色に配慮しております
#機械設計CADの学校動画一覧 #機械設計 #機械要素

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。