【協働ロボット】汎用カメラで異種・異形状の部品を判別 – 小型部品の仕分け自動化

従来人手で行われていた小型部品の仕分けを自動化しました。

色や形状が異なる部品を判別・仕分けするには操作や調整が難しい画像処理装置が必要となりますが、ソケット通信が可能な協働ロボットと汎用カメラを用いることで比較的容易に制御できます。カメラの設定を変更すればさらに多品種の判別も可能となります。

※ロボットとカメラのソケット通信設定手順書を公開しています。
ご興味のある方は下記よりご請求ください。

関連記事一覧