ものづくりの動向が分かる超優良サイトを紹介いたします!新聞やニュースは見る必要ありません。

ものづくりの動向指数が分かるサイトを特別に共有します。よかったらご活用ください。

 

【書き起こし】ものづくりの動向が分かる超優良サイトを紹介いたします!新聞やニュースは見る必要ありません。 

(00:00) どうぞ今日はものづくり太郎チャンネルのものづくり たのでございます本日はですねちょっと番外編ということでものづくりの動向がわかる web サイト集を解説させていただきたいと思います ものづくりのね同校景況感って色々 肌で感じている部分とかニュースでキャッチアップすると色々ある んですけど実は非常にキャッチアップしやすいようなサイトがあります それを本日は開示してしまうというか教えちゃいたいと思っていますと よくねあの会社でこういうような話があると思います ケーキどうも海でね同僚とから洋食友達と そこでうーんどうですかねみたいな こんなやりとりがしたことないですかねされたことはあるんじゃないでしょうか もうねそんなやり取りは無駄なやり取りは今後一切必要ありません 数字からこのサイトを見れば簡単にわかりますよとか だいたいこの筋サイトの数字がこうなってて この講座 からこういうような状況じゃないですかみたいなことをお伝えできるんですね なのでその角有益なですね斎藤を僕の方から教えちゃうもし
(01:08) まあ気に入っていただければその絵をどう皇室の一つとして使っていただければいいん じゃないかなと思いますとで各サイトの url は動画説明欄に記載を をさせて頂きますので下の方を見ていただければやはりを なっております安心してるね 優しいでしょ っていう感じですかということで早速ですが 紹介をさせて頂きたいと思っていますまず初めてですね中国の pmi ですね やっぱり 中国というのは世界の工場なのでその質というのは非常に重要なんですね 米中の対立があってですねチャイナプラスワンみたいな感じでチャイナプラストナー アジアインドネシアとかベトナムとかタイとかにもう一つ校 を作るとかそっちに向上に関する動きっていうのは出てきているもののまだまだ やっぱり中国のですね ものづくりの凄さ工場稼働のすごさは世界の工場と言われるだけあってですね 非常にデカイっなのでそこの工業 pmi ですね非常に重要であるということでまず pmi から紹介をさ ていただきたいと思います pmi とはということで皆さん pm ipmi って
(02:15) いうのはよく耳にされると思うんですね ただそこの定義ってなかなかね走って言える人は少ないと思いますので抑えをしていき たいとおもいます tmi とは注文生産雇用 納期在庫を数字 として表して +経営強化ですねまぁ今後どうなるだろうみたいなところも合わせてその指数として 測ってるんですね なので本当にまあコンクとなる数字と今後の見通し 顔ですねだいたいこうなるだろうみたいなところを加味していると結構信頼のおける ような数字になっているロジックになっているんじゃないかなと思って ますでここの pmi が50以上であれば好景気を維持しているという風にとらえて います で実際中国の pmi どうなっているかと言うとコロナで非常に落ち込んで9回報酬 ですね がもうずっと50以上を保ち続けていると すごいですよね本当にその pmi で妥当性があるのっていうのも妻他のサイトから キャッチアップできるようになっているのでそこも詳しくお伝えさせていただきたいと 思います
(03:19) こちらは中国の工業系前ですねチャイナ nbs マニュファクチャリングの pmi ということでまぁお察しの通りですね中国以外の pmi 例えば日本と アメリカとかあヨーロッパイタリヤグランスアイレスなんかの pmi もここで実は 情報を取ることができるんですね 使い方によっては非常に有益なサイトではないかと思いますと っぽい続いて thk 四半期ごとの受注動向ということでものづくりの景気動向を 図るうえでは使えるサイトだと思い ですというのも直動部品の需要をクォーター別に判断が可能になったんですね 直動ぷ品って何かっていうともう工場では必ず使われてるボケなんですね町工場で扱わ れているかもしれないですけど ある程度の向上に行けば必ずあります直ドボンって何かというとこういうリニアガイド とボールで g +モーターですねモーターが回ることによってこのボールねじはですね まああることによってこの受け側が移動していくんですね なので部品を運ぶとか位置合わせをするとかそういったときは必ず利用されている装置 等必須アイテ
(04:24) ということでここがやっぱり増えてくるとやっぱり装置投資が増えているんじゃないか 午前要因でも使われるんですけどやっぱりこの 受注が多くなると装置への投資が加速していると装置の塔投資が加速している =場が高まっているっていうことを暗に指しているわけですね ghk の ir 情報を見るとこんな資料がありまして 各地域別の受注動向をこのように数字化してるって本 そして欧州北米やっぱり日本欧州北米を心なる影響で若干下がってるんですよねまあ 回復したかな と思ったら中を列車みたいなそんな数字になってますポー 中国では明らかに回復基調を維持してるんですね 先ほどお伝えした pmi 度星数がある程度正しいんじゃないかなということもここ から読み取れる もちろん非常にですね町地投資が多かった2018年第4 には下がっているもののやっぱり回復基調であるということは間違いないだろう で最後がテーマですねやっぱり電子部品に台湾では強いので
(05:33) dns もう 多いということでその台湾の動向も載せてるということでこの直動部にはですね自動化 搬送用とでは必ず利用され工場の筆彩となっているようにここがやっぱり増えれば工場 ような投手不足してるとそう捉えていいと思いますということでこちらもかなり新年の おけるような道こいつになってるんじゃないかなと思います 続いて金型通り府営のピソ部品を月別でキャッチャっていうとこれもねなかなか数字と していいデータじゃないかなと思います 金型部品と fa 部品の総合デパートいうことで そうなんです三角ですね金型で必ず疲れ様なパンチとかぽたん代もしくはその付属部品 ですねシェアナンバーワンですし これで fa 部品ですねシャフトシャフトフォルダーセットカラーリニアブッシュと がボールガイドとか スプラインとかですねまあいろんなその fm 品ですね 一般の方々からはポピュラーではないと思うんですけど 装置ではもう必須であると先ほど thk も装置で必須であったんですけどそれ以上 にいろんなところに使われてるんですね どこ
(06:34) ちらもかなり者が高いと実はこのようなサイトを毎月だしてまして 対前年時何パーセントであった fa 部品と金型部品ですねそれをグラフでわかる ように ているので非常にキャッチアップしやすいと思うんですね自動化搬送用塗料さんでは 必ず利用される 工場のこれも必須アイテム出るとかな方も午前様とでも使われるんですけど ものをですね大量に作るっていうことであればやっぱり金型って必ず必要なんですね プレースモールドが多いと思うんですけどもルドっていうのは10姿勢 体のことでこれもですね新しい専横品を作ろうということであれば新しい金型が必ず 必要になったですね なのでこの動向がですね非常に柔軟区さらにミスには売り上げの約50%がもう海外で 閉められるので グローバルでみてもそのものづくりのどうかがわかりやすくなっているとそして続いて 金型輸出入の出荷が ということで三角同様ですね毎月の金型の輸入と輸出を など数字で全て確認できるサイトがありますこんな感じで金型の種類によって前年度比 とか
(07:38) 前月比がすべて数字でわかるようなサイトがあるんですね 先ほどの説明同様になってしまうんですけど金型なしではやっぱり道 o さんというのは難しいんですね車はしっかりですねこの身の回りの製品ですね こういった例えば樹脂カバーなんかも実はたな形で作られてますし マウスとかもですねこういった樹脂金型で必ず金型が使われているんですねなので新 商品が新しい方が利用されるのでやっぱり金型の需要が上がってくるということであれ ば新しい製品の需要が高まってきているとその捉えていいと 思いましたこの動向も分かるようになってますよ金型とかえふえていうのはわかったパ じゃあ田地内では同7実はあるんですね電子部品の出荷額の統計をとっているサイトが 実はあります しかも毎月の出荷額を確認できますということでまぁ みるとこんな感じになってまして前年比ですね があのっていると なぜだいたいどこまで回復しているか電子材料 日本は非常に強いので全世界の電気機器のものづくり同法がこれで分かるようになっ てるんですね
(08:41) これもまあ例えば金型だけでは測れないですねうんや動向を図るということであれば こちらも非常に有効なサイトになるんじゃないかなと思いますということで紹介をさせ ていただきました そしてもうひとつ忘れてはいけないローがやっぱり工作機統計の月別受注減だろう 工作機器とははいこれはもうね皆さん わかると思いますわからなければモグリだと思います ただねものづくり写真者の人も僕のサイトを見てくれてると思いますのであえて説明を させていただきたいと思います 部品を加工する機械を指してまして 全部で9種類あるんですねこれそれで家 た方はかなりすごいと思いますもちろん千万ですね そしてボール盤 続いて中ぐり盤ですねこれはワークを固定して加工したいところをグリグリするような イメージですね そしてフライス盤ですね続いて研磨盤はぁ切り番ですねこれは歯車とかですねそういっ たものを作るときによく使われるものです そしてマシニングセンターですねまあ工作費って言うとこう言ってマシニングセンター お米とする方が多いと思うんですけど実はこういった
(09:49) マシニングセンタ以外にもたくさんありますよターリンのセンターですね machine 具センターとターニングセンターの違うですねワークが動くのかそれ ともおどりるう刃物が動くのか そういった違いがあります そして放電加工ですね放電加工機というのはですね スパークさせてそれで金属を溶かしていくみたいな そういった過去を気になっていますなぜ工作機器を取り上げるかというとやっぱり工作 じゃないとものづくりが動かないですね要する金属の加工ができないわけですからそこ の投資動向を見ることによってですね 新たな製品を作っているのかどうかという非常に数になるんですね 例えば飛行機だけでもですねものすごい金属の加工が行われていたり自動車然りですね 自動車の部品一つをとってもいいですね加工が行われているものはないと思います もちろんその工作金を使う使わないというのはあると思うんですけど を 桜咲く木キリがないとですねものづくりが動かないとそう言っていいと思います この工作機器統計の実は月別の受注減がわかるサイトがあります ない銃が移住海外個別をですね分けて確認ができるなってます
(10:56) 例えばない子だとこのようにですねまあ工作キー 機器別にですね電気機器だったりさ ねえ3月期だったり 一般機器だったり金属製品とかセグメント別にわかるようになっています そしてもう1つは海外別ですね東アジア その他アジアと同じですねそして eu その球 これにズラズだと続いていくんですけどやっぱり全滅比でいうとかなり回復している ことが見てとれるという韓国なんかすごいですね 141%かなり回復してますけどもたいなんかもっとすごい 79とかインドネシアはかなり180ということでこのだからの立ち上がり 回復系長が見て取れると思いますこれ6月なそこをペースでも教えてくれるので景気 動向を占うにはかなり有用なサイトだと思いますし経済新聞でもよくこの数字は 取り上げられていると思うんですね経済新聞だけではなくてですねサイトか がとれるということになっていますただ前年同月比で見るとまだまだ ね50前後の数字が多いとたがやっぱり中国っていうのは かなり化や工夫をしているということで中国の回復はバギーにもない事実であろうと
(12:05) ここからも読み取れると思いますまあ全体観を見ればですね このなによるまだ根強い景気後退感が否めないけども まあ徐々に回復基調ではあるそして工作機と一緒にお話ししないといけないのが やっぱりロボットの どこであろうとロボットというのはやっぱりこう昨季同様ですね 冒頭にお話ししたような thk のリニアガイドなどと比べると結構 それよりは値が張るような投資になるんですねなのでやっぱり未来が明るくないと じゃあロボット凍死するかとかですね 大規模なライン投資するかっていうことになってこないところ ね7でこのロボットの受注動向もかなり経験を占う上ではものづくりの動向を占う上で は必要な数字になってくると思いますそして2つ用意させていただきました 中国中心であるということであれば安川電機 世界グローバルで見たいということであればファナックをみるといいと思います というのもやっぱり中国に 最初に進出していったのは安川電機なんですねグローバルでナンバーワン足跡を呼ばれ ているものが花開くでございますのでこの2つの動向を読み解くことでものづくりの 指標をみることができるって安から様ですね
(13:12) こんな感じで各地域ごとにですね宇宙動向を 連結受注水受注ベースですね売り上げではございませんと ファなくさんも同じように地域別ですね国内米州欧州中国アジア やっぱり第1四半期をかなり落ち込んでますね第三者ん気がやっぱり回復してくるか どうかで投資マインドがですね 醸成されているのかっていうのが分かるようになっ くると思いますロボットはある程度の大型投資であると ここ上がればやっぱり投資が加速していると言っていい 良いと思いますそう結論付けていいと思いますね今紹介したような ですね斎藤を巧みに使いこなせばですね ある程度のその回復トレンドというのはご自身でですね判断できるようになると思い ますということでものづくりの動向が分かるサイトの紹介ですねはい一つでもねえ あぁこんなサイトあったんだ傷気になった方はいいねを押してやっていただきたいと 思いますという 以上でございますお疲れさまでございました一言ですね言うとすれば自分で言うなよっ て感じですけど多分社内でも使える情報である
(14:18) 弥太郎9ものづくりの動向 どうかないや実はこういうサイトがありまして 家に地形とですね金型の水が分かるような政党がありますので共有させていただきます して阿部 url あの choose で多くにさせていきます みたいな猫といえばこんなサイト知ってるんだねー 有効に活用させてもらうよさすが太郎くんだねみたいなん になると思いますのでそういった機会があれば正社員でも展開してあげたらいいと思い ますということでございます はいまあこのようにものづくりに関連する情報を対数発信しています ものづくりに関連がある人ものづくりが好きな人ですねそしてものづくり太郎に興味を 持った人はぜひチャンネル登録いただきたいと桜 宜しくお願いします ということで次回ですね次回は官ら神田 会がいい半導体装置メーカーのシェアですねやっぱり日本の半導体装置メーカーの シェアを を動画 up したんですけどかなり反響印ですよ 今でも全然再生装置ないむしろ上がってるんですね
(15:24) 日に日にそのほっ 大切だがやっていくっていう動画もかなり珍しいと思うんですけど僕の動画って結構 そういう傾向があるんですね 最初は放火されないけどどんどん再生数がこういう風になっている アドがいくつかありましたそれからちょっと話題を学会てですね電気ように安全法に ついてもかなり僕は詳しいですねもうコンサルできるくらいカシスマジていくという ことで電気ように安全法にフォーカスを当てて解説をさせていただきたいと思いますと まぁこのどっちかか他の話題ですねべきを一安全品となる いいかっていうと真夜中に寝電気製品ある振れていると思うんですけどそれってが しっかり安全を確認されて世の中に出てくる出てきていますと もちろんの pl 法あるんですけどまあそれとは別に電気用品安全法もありますよと いうことでここは超わかりやすく詳しく解説できるんで全然トピックは変わるんです けど 共有させていただきたいと思います はいということで本日もありがとうございました また次の動画でお会いしましょう戯れる

■チャンネル登録はこちらから■
http://www.youtube.com/channel/UCY9KXoezyo6cp-YwguOOCcg?sub_confirmation=1

【参考資料】
・PMI指数
https://tradingeconomics.com/china/business-confidence
・THK IR情報
https://www.thk.com/?q=jp/node/6899
・ミスミ月別売り上げ
https://www.misumi.co.jp/ir/library/monthly_sales.html
・金型統計
https://www.jdmia.or.jp/toukei/
・電子部品出荷額
https://home.jeita.or.jp/ecb/information/info_stati.html
・日本工作機器工業会
https://www.jmtba.or.jp/machine/data
・安川電機
https://www.yaskawa.co.jp/ir/materials/br
・ファナック
https://www.fanuc.co.jp/ja/ir/announce/index.html

■ものづくり太郎チャンネル ものづくり太郎のプロフィール
1980年代生まれ。ものづくりに関連することが好きである。また、製造業に関わる仕事に従事。
日本には、製造業に関わる人口が非常に多いが、youtubeの投稿に製造業関連の動画が少ないことに気がつき、「これでは日本が誇る製造業が浮かばれないと」自身でも製造業(ものづくり)に関わる色々な情報を提供しようと決心。

関連記事一覧