【機械加工 リトラクト加工】

今回は工具径補正がきちんとマスター出来ていないと間違いやすいのできちんと工具径補正をマスターしてからチャレンジしてみよう。このリトラクト経路で仕上げだすと当たり前のように使いこなせる様になるでしょう。綺麗な仕事も出来ますし精度も上がりますので一度チャレンジしてみよう。あまり小さすぎる円で回る時は送りを落とし回った方が良いですよ。そのあたりも自分なりに色々試してみてデータを残してもらえれば嬉しいですね。とりあえずやった事のない方はプログラムだけでも作ってチェックしてみよう。「チャレンジあるのみ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。