ルールを守ってもミスは減らない? 品質管理 の落とし穴 -1-

高崎ものづくり技術研究所は
現場ですぐ使える品質改善手法・ツールの研究を行っている
日本最大級の品質管理情報専門サイトです。
★ブログサイト:http://factorysupport-takasaki.com/
★公式サイト:http://monozukuri-takasaki.com/

 

【書き起こし】ルールを守ってもミスは減らない? 品質管理 の落とし穴 -1-:高崎ものづくり技術研究所

(00:01) さて今回は品質管理の方とシェアが1ルールを守っても 磯は減らないについてですお客様のクレームとなるのは 工場から不良品が樹皮抽出したとき 胸の不良結果んですね [音楽] なぜ無料以上が合併するか これは直接作業の不良 あるいは 部門間の役割や連携が良くないん という-3の不備欠陥が影響しています そして根底には悪い組織風土 が存在するからです では次にるーるーとはどのようなものがあるか見てみましょう まずものの不良これは 自然界のるーつまり物理法則に従います ん
(01:02) そして 直接作業の不良 これは現場のルールの振り結果により生じます そして部門間に役割連携の不良 これは 工場のルールの帯欠陥により生じます そして悪い組織宮とこれは暗黙のルールにより生じます では次に現場のルールが守られているかどうかについて見てみましょう ふと記号が発生します そうするとまずルールつまり業務マニュアル 手順書があるかないかこれをまず確認します もしなければ ルール化されていませんから作業方法が人により 払ってきます 再発防止策としてルール化して 関係者に周知し 実施状況を監視します [音楽] 次に何らかのルールが存在している場合を見てみましょう
(02:08) まず ルールを守ったが具合が発生した そしてルールを守らなかったために不具合が発生した この2つに分かれます ルールを守ったが 不具合が発生した場合はルールが不備 あるいは欠陥があるということになり 対策としてはルールを 修正あるいはね 新たに追加をします ルールを守らなかった理由としては 女将数 技能不足 恋 ルールを知らない ルールを守れないです ルールを守れないものはルールが守れるように修正しなければいけません そして他蜜技能不足などルールを守れなかった場合は対策として教育訓練をかよけ対策 指差し確認町人点差などが行われます 次にルールの管理責任は誰かです
(03:16) 現場のルールは現場監督者 工場のルールは部門紙で車 暗黙のルールは経営者です そして ルールの管理を怠ればルールはどんどん警戒かします そして誰も守らない [音楽] 新ルールになってしまいます 管理者は ルールを守れと言う前に ルールが死んでいないか 確認する必要があります こうしてみると 死んだルールが意外と多いということがわかると思います そして森羅ルールを生き返らせるには 問題が発生したらまずルールはどうなっている 頭の中に浮かべることです そしてみんなでも持ってトラブルを未然に防止する 周知し問題があれば見直すそして再教育をする 古い習慣を打ち破ってガンバの意識改革を行う
(04:24) 組織としてのご飯を積み上げることが大事なことです 生きたルールをどんどん進化させ それをみんなで守る このことが一番重要なことなのです [音楽] ん ん me [音楽]

★セミナーのお申込み
http://factorysupport-takasaki.com/article/438028040.html
★DVD版解説書のお申込み
http://factorysupport-takasaki.com/article/443490861.html

管理層は、ルールを守れと言う。しかし、ルールは守ってもミスは減らず品質は向上しない。それはなぜか?実は、ルールはなかったり、不備だったり、完全ではない。放っておくと、実務とルールは乖離し、どんどん形骸化していく。それを防ぐのは管理層の役割である。

★無料会員登録
https://mailform.mface.jp/frms/bintian/7dd3n1q4v1n4
★無料メールマガジンバックナンバー
http://factorysupport-takasaki.com/category/27321848-1.html

関連記事一覧