労働安全衛生基本->健康を保ち危険がない中で安心して働くために

安全衛生の目的は、健康を保ち、危険がない中で、安心して働くことができるようにすることです。
具体的には、災害防止と、健康維持です。
災害防止は、仕事に関わる要因から、負傷などしないようにして安心して働くことができるようにするものです。

 

【書き起こし】(2) 労働安全衛生基本->健康を保ち危険がない中で安心して働くために 

(00:00) 安全衛生の目的は健康を保ち 危険がない中で安心して働くことができるようにすることです 具体的には災害防止と健康維持です 済寧帽子は仕事に関わる要因から 負傷などしないようにして安心して働くことができるようにすることでそれを目的とし てその取り組みを労働安全と言います 健康維持は仕事に関わる要因から病気などにかからないようにして健康を保ち はっ 荒くことができるようにすることでそれを目的としてその取り組みを労働衛生と言い ます 実際の災害の発生は不安全な行動が起因となって発生することが大部分を占めます 不安全行動にはうっかり悪意が区無意識下 起こしてしまうような過失があります例えば ミスと呼ばれる入力忘れなど錯覚 5人重い子
(01:02) 3などによるもの 失敗と呼ばれる能力不足などから不十分な状態で終わるもの 失言と呼ばれる手順などを忘れてやるべきことができなかったことなのです もう一つは意図して起こす故意によるものです 例えば近道行動と呼ばれる焦る気持ちから早く済ませるために本来の手順とは違う家順 で作業してしまうこと 作井と呼ばれる問題を引き起こすことを目的としてわざとルール違反をすること 手抜きと呼ばれる面倒くさいという気持ちから本来の手順の一部を抜いて作業すること などです自分自身の作業姿勢 作業方法を今一度振り返りこれら不安定 ん行動を起こさないように自ら改善するようにしましょう 不安全行動を引き起こす原因の一つに人の能力に対する過信や誤解があります 例えば人は1000回に3回ミスをします自分がミスしないから大丈夫といった大利
(02:11) から無理な作業をして怪我をしたりします 1000分の3の確率に命をかけるようなことをしてはいけません 三する前提で無理のない作業を心がけましょう 人は20キロ以上あるものを持ったり 運び続けたりすると体を痛める確率が高いと言われています モテない重さではないと過信して体を痛めないようにしましょう 44度は熱いを触れより少し高い程度の温度です 触ることができる温度ですが長い時間触れ続けると低温やけどとなります 低い温度でもやけどをすることを知っておきましょう 60°は人の認識限界の視野角です 60°より外側は見えていても認識できないのです 見えているようで見えていません ものがあることに気づかつぶつかったり 金樽しないように気をつけましょう
(03:16) 安全衛生の基本はルールを守ることです 作業手順には品質や生産性を確保するだけでなく安全な作業をするためのちーが入って います 自分流の作業は危険が潜んでいます 決められた手順を守りましょう 防護設備や安全装置は適切な蝶タイで正しく使いましょう 排気ダクトは有害な物質を廃棄してくれる装置です 外したり遮ったり廃棄を止めたりしてはいけません 扉カバーは危険な切りくずや油など飛散物から 品 をしてくれるものです扉カバーはしっかりと締めて作業しましょう 様々な安全装置は設備の異常を検知して機械を止めてくれたり 人が不安全行動をしてしまったときに機械が起動しないようにする装置です 自分たちの身を守る大切な装置です正しく機能させて作業しましょう 作業前やケーキ的に棒の設備や安全装置を点検して正常に動作するか確認してから作業
(04:28) を開始しましょう 萃香ルールを守りましょう 事業所内には運搬車フォークリフトなどを走行しています 決められたツールを歩きましょう走ったりしてはいけません 曲がり角や通路に出る時扉の前では一旦停止をして安全確認をしましょう 安全を守るためには服装も正しく着用しましょう 大切なのは税穴で動きやすく安全に作業を行えるようにすることです 作業服は否定の作業服を着用します 危険防止のためズリ下がったりしゃがむのが困難にならないように サイズの合ったものを選びます また定期的に洗濯して清潔にしておきましょう ボタンまとめてファスナーを閉めて引っかかったりしないようにしてください 否定の帽子やヘルメットを着用しましょうまっすぐ深くかぶって帽子やヘルメットが 道具を正しく守ってくれ
(05:38) るように着用します 靴は否定の靴を着用しましょう 危険防止のためかかとは踏まないようにします 保護メガネ耳栓マスク安全帯などは否定があれば必ず着用しましょう 危険防止のためにサイズの合ったものを選びます うますくや安全帯などは着用マニュアルに従って正しく着用してください 危険物や有害物質を取り扱う場合それが化学物質であれば sds 安全データシートが提供されています sds はその物質の政情や取り扱いに関する情報が書かれていますので記載された 取り扱い方法に従いましょう 危険物や有害物質には直接触れないようにし必要に応じて防護メガネや 防毒マスクを着用してください取り扱った後は必ず手洗いをしましょうか年生のものは 火気に注意してください
(06:45) 物を運ぶ時は背中をまっすぐにして腰を痛めないように気をつけましょう 持ち上げるときは急に持ち上げずゆっくりと持ち上げましょう 高く積み上げて視界を遮らないようにしてください前が見える状態で運んでください情 弱ものを吐く of 時は先端が壁や天井 機械などにぶつからないように注意してください 2人で運ぶときは水平にして片側に重心が偏らないようにしましょう リーダーを決め尻と声がけ行い歩く方向や荷物の上げ下げのタイミングが次回 と会うようにしましょう 起点は身の回りに潜んでいます 危険予知訓練で身の回りの基金を洗い出して対策するとともに 万が一危険なことが発生したとき 冷静に対処できるように訓練しておきましょう 危険予知訓練は検討対象の仕事を選定し どのような場面状況下想定します
(07:52) 日常のいつもある状態を想定しましょう 対象の仕事の想定した状態の中で 潜んでいる基金を洗い出します 様々な視点で洗い出しましょう 普段気になっていることひやりとしたこと ハッとしたことを出しましょう新井田された危険に対する対策を検討します 自分ができる対策を考えましょう 発生したときの心構えなども考えておきましょう

関連記事一覧