高度自律型遠隔制御システム(HATS)のご紹介(3分)

高度自律型遠隔制御システム(HATS)のコンセプト紹介動画(Long Version:3分)です。

このサービスでは、ロボットを遠隔でアシストするソフトウェア基盤「HATS」とそのオペレーションセンター機能を提供します。

ロボットの制御に対して、常識が扱えず臨機応変さに欠けるというAIの限界を、知的処理の要所のみを人が補完することで克服するものです。このAPIを各ロボットに組み込み、ビルメンテナンスや物流、土木建設業等の業務に適用するサービス製品です。

人手不足の解消、ロボットの効率的な運用による生産性向上、などのニーズに応えるとともに、得られた操作データをもとにした自社AIや、蓄積された「常識」群ともいえるデータの機械翻訳や対話エンジンへのカスタム提供など、新たなビジネスへの展開も視野に入れています。

複数のロボットを簡単に操作することができ、また、オペレーションセンターを海外に設置するなど、人件費の削減につなげることが可能です。また、汎用性が高い点も特徴となります。

 

【書き起こし】高度自律型遠隔制御システム(HATS)のご紹介(3分) 

(00:00) [音楽] 従来のロボットや ai には様々な問題がありました 例えば軽微な障害物や卵出すな場所での事故1喪失によってヒトでの復旧は不可欠で あったり 人との衝突を過剰に恐れで大量し続けていたり どうしても解決できない問題が現場にあります [音楽] そこで考えたのが人間な ai を補完することです 常識や文脈扱うという知性 ひいては思いやりの心を持った人間の力を効率的に借りることで ロボットや ai が現在直面している問題に悩まされることなく動き続けるロボット を実現することができます これにより従来不可能だった非常に多くのようむがロボットに置き換わっていきます はっすっ 八ツとはそういったコードに自律的な遠隔制御システムとそのサービスのことを言い
(01:07) ます 八ツは ai の要点を補助するので簡単操作が可能です このため平易なユーザーインターフェースで1人が多数のロボットを扱うことができ ロボット1台当たりのコストを低く抑えることができます 例えば清掃ロボットが障害物によりその先に行けなくなってしまった場合 オペレーターがコストマップを調整することで製造ロボットはそこを通れるようになり ます 次に自己位置を創出してしまった自律ロボットに位置情報を教えることで自己位置を再 認識させることができます また業務分析機能として集めたデータを解析し現場業務効率の改善に利用できます カツは今までのロボットではできなかった問題を解決します 人間のひらめきとその結果の情報等を集めそれを統合分析 学習させることで ai の進化とロボットの普及とを加速します
(02:16) また途上国の低所得者にオペレーター業務を依頼することで就労の機会を増やします 人間の労働を変容させ世界に公正さと幸せを増やします そのためにロボットや ai の力を使うことでより幸せな社会を実現していくのです 株式会社きびてくわ50年後100年後の未来を見つめ 新しい機械化時代の一端を担っていきます その成果を全世界へ展開し場所を超えた人との交流などの心の豊かさに通じるサービス へ広げて行く それが私たちの目標です [音楽]

 

 

(HATS:Highly Autonomous Teleoperation System)

https://qibitech.com/hats/

関連記事一覧