第43回 軸と軸受【 MONOWEB(機械要素編)】

・軸とは?
・軸には、スプロケット、歯車などが接続される
・伝動軸、車軸、クランク軸、たわみ軸、スプライン軸とは?
・軸受があれば摩擦や摩耗を軽減することができる

について学べます。

 

【書き起こし】第43回 軸と軸受【 MONOWEB(機械要素編)】 

(00:02) [音楽] の 聞か要素の基礎を学ぶ part 7軸と軸受けこのパートでは 軸と軸受けの基礎について解説します それでは早速本題に入っていきます 軸は動力の伝達回転体を支えるためのもので連動機の主軸のような回転力を伝える 回転軸電車自動車など回転する車輪を支える 固定軸車の左右の車輪をつなぐ 車軸などがありますそしてこの軸はつ 通常軸受とセットで利用されます 軸にはスプロケット歯車などが接続されます 軸とスプロケットなどの回転体の固定は キーなどが使われます軸にはこれらの部品が組みつくため一般的に 段付き形状になります軸の種類 電動軸
(01:05) 軸は回転運動によりねじりの力を受けることになります タービンの軸モーターの軸船の推進軸 送風機の宿などに使われています 車軸自動車自動切りん バイクなど車両の車輪につけるための軸であり 車体を支えます主に垂直荷重による曲げの力を受けます 車輪を駆動する際にはねじりの力も受けます クランク軸クランプシャフト 曲がり軸とも呼ばれていますピストンの往復運動をを主軸の回転運動に変換するために 用いられる 軸です主な用途としては空気や宿機自動車 船のエンジンがあります は3軸 方向を自由に変えながら回転する軸です 細いビアの線をより合わせて柔軟に曲がる 屈曲性を持たせているためねじり剛性は強いのですが 曲げに対する耐性が弱いのがデメリットです単純に回転を伝達する場合やチー
(02:16) さな動力を伝達する場合に適しています 主な用途としては速度計距離計などに使われています スプライン軸軸のまわりに大和溝等間隔に削り ボス側にハマる形が整形してあります 他の軸に比べるとヒジ 大に高いトルクを伝達することができます トランスミッションとプロペラシャフトの結合など 飛行機工作機械に使われています軸受 軸受は聞か要素の一つで軸の回転や往復運動を受け 軸を支えます 軸受があれば摩擦や摩耗を軽減することができます 逆に軸受の品質が低いと機械の故障につながるため重要な機械部品の一つとされます 英語でベアリングですので設計現場ではベアリングという言葉がよく使われています ああああああ 軸受けにはすべり軸受と転がり軸受の2種類があります
(03:23) すべり軸受すべり軸受は 軸と軸受けの面が直接接触します 拘束衝撃荷重に対して強いと言われています すべり軸受は自動車船舶機械などのエンジンに使用されています 回転を支えているものは油膜です 油膜とは薄く広がった油の膜です 油の温度が上がったり果汁が大きかったりすると 油膜が薄くなり金属による接触を起こしや着付けを起こすこともありますその他の特徴 は許容されるか 10が大きく振動や騒音が少なく静かな運転が可能である 潤滑状態やメンテナンスをしっかり行うことで寿命は半永久的に使用することができる などがあります ころがり軸受転がり軸受にはたまや頃が備え付けられており 摩擦抵抗を少なくしていますその他の特長として起動摩擦が低い
(04:30) すべり軸受に比べて摩擦が少ない 寸法や制度が標準化されているためか 簡単に new 周することができるなどがあります 以上このパートでは軸と軸受けについて解説いたしました この動画シリーズでは機械要素設計で使えるようになるために必要な基礎知識となる 次に示す内容を解説しています是非 もの web にチャンネル登録をお願いします me [音楽]

【メルマガでも設計に関する情報を配信中】
全18冊の無料PDFテキスト付き
登録はこちらから → https://d-monoweb.com/flpmb/

【関連記事】
軸と軸受
https://d-engineer.com/kikaiyouso/jikutojikuuke.html

 

関連記事一覧