今さら聞けない高周波焼入れについて

詳細はこちら
https://www.nc-net.or.jp/company/88995/product/detail/83051/

 

【書き起こし】今さら聞けない高周波焼入れについて

(00:00) [音楽] 日本の工業製品には高い精度と強度を備えた金属部品が数多く使われています その生産工程では部品の特性を向上させる目的で様々な熱処理が行われています その一つが浸炭焼入です 表面硬度が高く耐摩耗性にも優れているため 小物の機械から自動車部品大型部品まで幅広く採用されていますうこれに対して二次 電子工業が手がけてきた 21ゆきーでは 家庭用の ih 調理器と同じ原理で加熱コイルに誘導電流を流して ワークの表面を加熱急冷して表面に焼き入れ硬化層を作る 熱処理方法です一般に熱処理には温室効果ガスや耐久性 物質化学物質の排出といった負の側面がありますが ih ねっ処理はそうした環境負荷が少なく他の加熱方法と比べると次のような
(01:12) メリットがあります 必要なエネルギーは電力のみでガスや石油の減少を伴わないため肺炎や排ガスを出し ません 油脂や洗浄剤も使わないので 作業環境は極めてクリーンです [音楽] work 自体が発熱するので熱効率にも優れています また必要な部分のみ短時間の加熱冷却するので電力使用量を抑えることができますう 温度管理がしやすいので均一で行質な焼入れが可能 部品の歪みを最小限に抑えられるので 研磨などのフォト工程を省くことができます 単品での処理ができるため一定量のストックを持つ必要がないことや インラインができることも大きなメリットです を 他の焼き入れから二次電子工業の i1焼入れに切り替えると どのような変化が現れるのか
(02:19) 実際に自動車用のステアリングピニオンの例を見てみましょう 4日 エネルギーコストの比較では神担の11,030円に対して ih が5,760円と 48%の省エネ co2排出量では ih に切り替えたことで堂々たる65%のすぐ下になります [音楽] このように導入メリットが数多く 生産性向上にも貢献する ih アキールですがその特性を生かして最適な熱処理を 行うには様々な技術的課題に対応できる同伴が必要です

この動画の続編「失敗しない高周波焼入れ」はこちら

#高周波焼入れ #焼入れ #エンジン #ECO #省エネ

関連記事一覧