レーザ熱(レーザー焼入れ)加工オンラインセミナー

2020年8月24日にweb開催された「レーザ熱加工オンラインセミナー」です。

 

【書き起こし】【公式】8月24日(月)レーザ熱加工オンラインセミナー

(00:01) それでは皆さん映りましたでしょうかええええ これからあの本題であります熱レーザー列加工オンラインセミナーのレーザー熱加工 リーズの紹介といたしまして 焼き入れぷらてぃんぐについてあのご紹介させていただきたいと思います まずはですね弊社の簡単なええええ 事業紹介をさせていただきますまず設立はですね1958年11月に創業しております その年実はの長嶋茂雄終身 とジングの終身名誉監督はヒョジン軍に入団した年 まあそうを考えればかなり昔からあの我々はあの交渉癖で をやっております そして代表取締役は私後藤光博となっております 2018年3月に就任したばかりの [音楽] 中にしたばかりでございますそして資本金は1800万円ということでまだまだ小さな 町工場でございます
(01:08) 次にへ 売上比率等等従業員数売上比率を紹介していきたいとおもいます まず高周波事業部ですねこれは弊社の本廟側になります こちらの方は a 14名おります 現場の方が現場スタッフが12目間接部門としてはに目ということになっております そしてレーザー事業部 こちらの 方は全部で10名となっております そして次に売上比率です 高周波が約60%そして残りのレーザーが40%ということで a まあ 本業である高周波にだんだんだんだんレーザーが大津追いついてきたというような 状況下になっております そして次に遠隔です 先ほどご紹介しましたように1958年に高周波音処理をスタートさせました そこからへ 半世紀後ですね50年後です2008年に米ザーネ処理っていうもの スタートさせておりますそしてさらにそこから3年後にレーザー
(02:16) フラッディングをスタートさせましてそしてそこから7年後の2018年に ハイブリッドレーザー溶接 なるものをスタートさせており ます 弊社の得意分野とじゃあしましては多品種少量品の自宅過去 量産品の自宅過去作開発の立ち合いであったり あの自宅加工に なっておりますえっ それではここから本題に入りたいなと思います まずはあの今夏レーザーや切れであのご紹介するのは レーザーまずは最初にレーザーやキュレートは次にマーケットについてそしてどんな時 に使えますか そしてできないことそして最後に事例について紹介したいと思います まずは最初レーザーやキュレットわーということです まずレースその前にですねレーザー加工についてあの紹介したいと思います
(03:23) まずレーザー加工には市場代表的なものとしては切断がございます こちらレイよくある設定だ雪だであったり穴あけ よ格好になります そして次に接合という加工になります こちらはよく言うレーザー溶接行ったり あの溶着であったりロー付けこちらの これらの加工方法がございますそして次に 状況格好こちらはマーキングであったりレーザー彫刻 まあこちらの加工も非常にメジャーな 過去になります そして最後に弊社が行っている加工が焼入れ であったり合金化であったり肉盛りって言った表面回数に関わる過去をレーザーを使っ てやっている会社でございます 次にレーザーや切れのメカニズムも簡単に模式図を用いて説明したいと思います まず レーザーの光がレンズを通して 民意のビーム形状でワークにあたります そして焼入れ温度約1千度ですねにたしたらレーザー光を移動させます
(04:35) そして加熱された部分は連続的にワーク内部に熱が拡散しますこのワープ内部熱が拡散 する状況を熱伝導と言います そして最後にピンポイントで加熱されるため高 焼入鋼化に十分な冷却速度確保でき 硬化しますとこの中焼入鋼化に十分な冷却速度確保できることを自己冷却と言います それでは実際の動画を見ていただきたいと思います こちらのブロックにレーザーの光があたってそして走るっている様子が見えると思い ます 光があたって移動してそれで 表面で加熱された鉄あの熱はないぶり 熱伝導で逃げることによって焼入鋼化するというような形になっております そして次にマーケットについて説明したいと思います レーザいるのマーケット こちらのようなメーカー様がいろいろとやっていただいております
(05:42) まあこれはほんの一部を紹介しているだけですけども 自動車関連やその他工作機械重工 重工メーカーさんであったりいろんなメーカーさんに使っていただいておりますそして レーザーや切れのアイテム州に関しましては2008年からスタートして以来あの もう少なくとも1万アイテム以上はさせていただいております そして次に売上比率ですねまあレーザー夜景といえども盗んだ教令が上がってるんだと いうのことは気になるところだと思います これはこのグラフに関しましては2009年の売上げを1ですねとした場合の比率です ですんで2018年の段階では約115倍ぐらいの売り上げ 象になっております レーザー機器の市場はずっと拡大しているのが現状です しかしですねまああの皆さんもご承知のように昨今のこの中においては少し今売り上げ 落ちてるという状況にはなっております ただですねこの過去にですね家の2013年から2014年 ここで大きく売り上げ伸びていますここでひとつのきっかけといたしましては自動車 部品の量産が対しされたということが一つも大きなきっかけになっておりますでその
(06:52) 自動車部品というのがこのトランスミッションの dct シンクロハブと言われる 部品でこちらの量産 決まってから一気に売上が伸びてきたというような背景になっております そして次にどんな時に使うのレーザーや切っていうのはどんな時に使えばいいのかなっ ていうところを説明します まずこちらの絵をご覧ください左上の写真ですね このちょっとテーパーになっている部分こちらの本を焼きれしたいということになって おりますこの赤いや下矢印であるところです フランジ部に熱影響を与えず加熱するのは非常に難しいです そして報酬波でやる場合ですねあの専用コイル こういったもの を作らないといけないです そしてレーザーでどう解決したか こちらは狙った部分のみを加熱できる そして専用恋を作る必要性が全くございません まあ高周波で専用交流をつくってしまうと10万円くらい 方てしまうまあそういったものが一切入らずに熱処理台だけであの 終わってしまったというような案件でございます
(07:58) そして次にこのようにちょっと複雑な形状ですね この複雑な形状部品のこの 矢印部分ですここを焼きたいという風になってるんですけども複雑形状っていうことな んで講習会綺麗では難しい だからといって浸炭焼入だと不必要な部分まで まあこれを講師あげれば難しいからといって浸炭焼入れを知ってしまうともういらない ところまで硬くなってしまう ですんでまぁこ なんとかならんかなっていうところがありました これをですねレーザーやキレイを使うとロボットティーチングによる やきれいなので複雑形状にも簡単に対応いたします そして約1.5時間でやキレも完了できるということになっております そして次に こちらはちょっとわかりにくいんですけどもこのちょっと穴の開いた少し奥まった部分 の端面を担麺を固くしたいというような案件でございます 今なお困った部分だけの野切っていうのはやはり無理かなっていうところがあるんです けども
(09:02) 無理をすればあの高周波でも焼けないことはないです ただしですねもう必要のないところまで 硬化させてしまってですねあの内径が小さくなったり 後加工が必要になったりということで非常に後加工が大変な案件でございます そこだですねレーザーであればですねこの奥まった部分でもあの光さえ 光はまっすぐにしか飛ばないので光さえ届けば 奥まった部位で持つ8カ所のみ国家できますそして 段取りから焼きで完了までや30分もあれば出来るというような内容になっております そして4番目次にできないことあの今のところレーザーの良いところばっかりを説明し てきましたけれどもやはり レーザーというともできないことというのはちゃんとございますこちらを やはりよくよく理解した上でレーザー駅では使うべきだとは思います まずはレーザーやっきりではできないこと壁面の焼き入れ こちらはですねこのようにあのコの字胃の壁で 赤い矢印の部分を焼きたいと
(10:10) この部分を焼きたいという内容です ただしですねレーザーの光先ほども申しましたようにまっすぐにしか飛ばないです まっすぐにしろところです ですのでこのより障害物があれば当然のごとく光が届かない だからここにを加熱することはできないですのでこれを解決するためにはどうするのか 2つ方法がございますまず一つ 反射鏡正反射ミラーですね反射ミラーを使って焼する これは一つですただしですねこのミラーというものも特殊なコーティングとかいろいろ しなきゃいけないんで非常に高価なえええ 原石には難しいや綺麗になります ではじゃあこのように技術的には難しい場合じゃあ簡単にするにはどうしたらいいん だろっていうことが2つ目です これは側面をやっきりすることで焼きたい部分の一部分だけ 角部分だけ降下することによってなんとか持たそうという考え方です まあこういっただー以外の面を焼くことで一部硬化させて a
(11:13) まあこれこの製品を使えるようにしようっていう案件は非常に多いです ですんでまあこういったレーザー駅での場合ですねあの光が届かなくても まあべつのところを焼くことで一部だけ硬化させて何とかものとして使っていこうと いう考え方の焼きでも非常に多いというのも実でございます 次にギアの歯そこや切れまあの焼き柄といえばやはり気あっっていうのが非常に多い です ですがまぁこの左のエミーへのようにあるように上からレーザーを当ててそして波面 ハそこ っていうように綺麗なや切れパターンができるというのが理想的な夜景となっており ますけれども 現実問題はですねあのこちらのように垂直にあたる部分のみ 正直言って温度が咲き上がっちゃいますということはこの部分だけが降下しちゃいます そしてこの pcd 本当に派として必要な部分 ここは焼きが入らないとなっております
(12:18) ですのであの子のギアとして本当に数な部分が全く入ってこない インフルになりますですのでこのようにギアを焼くときにはどうやればいいのか こちらを説明したいと思います2つ方法がございます 先ず一つかそこ中央にソソゾーンを作りながら焼き利用する こちらはですねはそこの中央マーハそこ部分の中央にソフトゾーンを作ると このやや切れをすることによってとりあえずは波面をしっかりとや切れすることができ ます そして次にレーザーを2つ同時照射することによって へ は底の部分にソフトゾーンを作らずにや霧することも可能となっております ただしですねやはりあの2つのレーザーを同時に照射するこれは何を意味するかという とですね 設備 イニシャルコストの段階で設備投資の団がで2つのレーザーを同時に照射するような 設備が必要になるということです ですのであの非常に設備費がどうしても高くなってしまうというデメリットはござい
(13:26) ます ただしですね2台レーザーの光を使ってこのようにやれば十分にハそこ焼きでも可能 と思います可能になると思います そして最後に事例について説明したいと思います こちらは小型抜き金型と言われるような案件です こちらの真ん中の穴のエッジ部分を焼いております まずはこちら動画の方を見ていただきたいと思います まずこちらの困りごとは真空やきりでノーキーちん痴女 材料コストがかかるというような問題でしたこちらにラインビームを使ってですね 内面をきれいに焼けないで角部分だけを焼きましたということで納期なんて本当にすぐ 一瞬で終わります で安価な材料で使用を満たせる s 45 c を使いました こちらの方は youtube 動画に乗っておりますでまたあの何かれました youtube 動画を見ていただければなと思います 先ほどの動画の中にも説明あったようにレーザーの従来は skd x 地を使ってい
(14:34) ましたけども レーザー駅な場合は s 4防止に変更できて材料コストの低減と短納期化が実現でき たというような内容になっております そして次にレーザーや綺麗によるソフトゾーン対策ですね こちらは高周波焼入れでリングのワークを移動焼入れ処理ますそして 移動焼きでしたらこちらのようにこちらの左の上のオレンジの絵のようにソフトゾーン がどうしても高周波きりではでき てしまいますこれは刺繍展スタートゴールのつなぎ目の部分になります ですのでこのソフトゾーンこの中火 これがやはり問題となってい音であったり 寿命低下っていうところにつながっていきます そして今回これをやっているのはこのソフトゾーンの部分のみをレーザーで梅田という ような内容になっておりますちょっとこちらの映画 実際の真っ黒パターンですけどもこちらちょっと深いところが好書や切れで薄いところ がこれレーザー綺麗ですんで
(15:39) レーザー家は浅いですけどもあの部分的にこう ソフトゾーンを埋めるということによってソフトゾーンが入って5ミリまで短くなった ということになります まあこちらの技術に関しましては 弊社もあのこれは使える技術だというような目論見であの特許取得しております このソフトゾーンを埋めることによってですねあの使用中の異常磨耗ですねこちらを 防止し製品寿命および4の課題が解決できたというような内容になっております そして次に100ミリ幅のレーザーや綺麗ですね まああの先ほどからあまりそのレーザー機では幅の広いビームを出しますということを 説明はしないんですけども 実はあの最近のレーザーやキレイの技術では100ミリ幅ぐらいまで行ったら や切れ外っぷりできてしまうということになっております実際どのような b もだ た見ていただきます 今出ているビームが横に非常に長い便ですこれが約100ミリ幅のビームであります
(16:53) 100ミリまではいっぺんに開けるというのが現場の技術になっております 正しいこの100ミリを焼くために約11 kw のパワーをかけております こちらの幅は今現在でいけば国内最大級だと思われます 加工時間幅をいっぺんに焼くことによって加工時間の削減や切れこその提言こちらの方 が実現できるかなと思います 焼き畑も硬化層が95.73深さも0.86mm しっかり焼きで層が出来ているということになりますこちらがワークのが以下になり ます ですんであの弊社の持っている12 kw の半導体レーザー こちらと最大幅100ミリの光学系を利用すればですね 100身幅のレーザーや切っていうものができるありましたよってレーザーや切れの 子育 のビター宿につながるかなと思います そしてここまででレーザー駅る説明を折らせていただきまして
(17:59) ここからレーザーぷらてぃんぐの説明をしたいと思います今日レーザープラティの説明 しするのは3つございます まずはレーザークラッディングとはレーザーぷらてぃんぐどはこんな技術ですよという ことを紹介します そして次に基礎的な話をさせていただきます 最後に事例の話をさせていただきたいと思います まずはレーザークラッディングから まずレーザーぷらてぃんぐについて説明したいと思います表面改質技術にはいろんな実 はございます その中でも弊社がやっているのはレーザーに曇るという技術になっております そしてそのレーザーに曇りでも粉末を使った レーザー肉盛りぎーずになっております 肉もにする材料を粉末で供給しまして 材料と同種または一種の材料を守る技術になっております そして次にレーザークラッディングこれはどんな時に使う is がこれについて説明 します
(19:01) まずは一つに曇り保守まぁ色々と摩滅した a ものに対して一度軽くした した削りをしてそしてまた肉盛りをしていくということで あの リペアの目的で使うことが多いですそしてもうひとつは摩耗保護これは例えばサス サンマル4とかのシャフトに対して表面にスライドの6番を守る まあいわゆる公開3曇りと言われるような肉盛りをするという目的でやります これは1周材料も摩耗保護の場合は主に 異種材料を守るということが多いですそして 肉盛り補修の場合は同市の材料を守ることが今のところは多いかなと思います そしてここでレーザーぷらてぃくの本当に基礎的な話です レーザーやきれいとレーザークラッディング 同じ表面改質ではありますけども 根本的に何が違うのかを説明します まずレーザーや型の場合は機材を改質しますんで溶ける温度までは温度を上げないです 機材の温度を上げないですですんで溶融はなしこの技術がレーザーやキーで排出だけの
(20:14) 技術が a laser やけになります 方やですねレーザー子ラッティングこれは機材3曇りしますそして機材に溶融プールを 作りながら 機材と粉末台を結合させていきますので 基本的にはレーザーぷらてぃんぐという技術は機材を溶かしながら行く森をしていくと いうことでこのレーザー ak とレーザープラティ部の大きな違い 機材を溶かすか溶かさないかと化せばレーザーぷらてぃんぐ 溶かさなければレーザー焼けるとなっております そして基礎的なデータをちょっと含めていろいろと簡単に説明したいと思います まずレーザーこらティングの基礎であの装置構成について説明したいと思います まずこちらの装置構成をご覧下さいロボットが真ん中でございます工学系があってそこ から光が出ています 光の出る本として光ファイバーを通って半導体レーザーがございます その半導体レーザーに横に水色の棒があり ますけどもこちらは違うを使って半導体レーザーを冷やしながら
(21:20) 半導体レーザーから光が出るそして工学系から光が出るそれを捜査そんなロボットに なりますそしてこの設備 これはレーザークラティの設備ではありません あくまでこれはレーザーやキレイの設備になります ああああああ そしてこの設備に こちらのように追加することによってレーザークラッディングができる こちらはあのまずもう一回行きます 先端に肉盛りノズルそしてその肉盛りノズルに粉末を供給する中部であったりシールド ガスのチューブであったりこちらの方追加していきます そうすることによってに曇りも可能になると レーザー液冷システムに肉盛りヘッド村松供給機と追加すれば レーザークラッディング施工は可能となっております ですのでまぁまずはレーザーフラッディングをできる設備であればレーザーやキレは 100%できますそしてレーザー駅でできる設備を持っていれば 持っていてそしてこの粉末の肉盛りノズルであったり粉末供給機こちらの方追加で購入 していけば
(22:27) レーザーぷらてぃんぐをすぐにできるようになるかなと思います そして次に a もう少し狭い範囲を説明したいと思いますこちらの赤い丸が出た 肉盛りの図の周辺について説明したいと思います まずこの肉盛りノズルの仕組みについて説明したいと思います まずこのオレンジのところがに曇りのゾロのヘッドと思いを持ってくださいデコ真ん中 に光学レンズがあって下に機材があると まず周りからですねええ [音楽] キャリイ荒らすとともにですね肉盛り粉末を供給しちょ いきますこのツブツブのところが肉盛り粉末 こちらの方から御曇り粉末をキャリアガスとともに供給します そして 次に 粉末量が安定しましたらノズルの中央部からシュードガスを供給します まあこれによって酸化を防止するためのガスになります シールドガスが安定的に供給できたら次は
(23:32) レーザー光が真ん中からシールドバスと同じ経路から出てきます レーザー光を照射して粉末及び機材を溶融させながら で雑魚を移動させていきます そして機材と粉末が溶融して一体化水ますので密着力の高い肉盛り層が形成されます こちらがレーザーぷらてぃんぐの本当に簡単なあの 模式図になっております そして実際今のあのどのような状況なのかを動画で見ていただきます ノズルの先端から粉末が出てる感じわかりますかね そのしたでピカッと光ってますけどもそこでに曇りが実際されて居るというような形に なります このような形で粉末が供給されながらさらにレーザーも出て肉盛りをしていくという ような形がレーザー
(24:36) プラティングとなります そして次に yeah その同塾常にカメラを入れてハイスピードカメラで撮った画像がこちらになります この溶融プールの中に粉末が入っていくのがちょっと見えるかなと思います 周り飛び散っている粉末もございますまあこれらはスパッターであったり 太針であったりっていうことになっております そしてですね実際このハイスピードカメラで撮りながら 溶融プールの温度あの2色温度計で撮りました まぁだいたいこれがちょっとはっきり完全に正確かというのはまだはっきりとはわから ないですけども 8誘致の温度はだいたい1700度から1800度ぐらい と言われております そして次にですねレーザーパワーが違えばどんな製品翡翠どんな違いがあるのかって いうのをちょっと簡単に説明したいと思います
(25:42) まずはこれが正常なに曇りです この下の写真がございますこれがは複製所に綺麗に肉盛りをされている状態です この時のヴェーザー白は1,200 w そして方やですねパワー無職の場合どんなふうになるのか こちらのようになります 何か蛇が俺様のミミズが居るような粒々の映画ありますけれども パワーが不足してしまうとこのようなまともなレーザーに曇りができないという状況に なってしまいます ではこちらのそれぞれの動画を並べて再生しています この a ハイスピードカメラの動画だけではちょっとわかりづらいかとは思うんです けども正常の 肉盛りに感謝溶融プロがしっかりできて揺れているのが見えるかなぁとは思います ただしこのパワー簿そこに関してはつぶつぶでほとんど溶融プールができていない状態 です
(26:45) ですんでちゃんとした 肉盛りができていない状況になっております そして次にレーザーコラテックでもうちょつ重要なポイントとなりますのが 希釈率についてになりますこの希釈率についてなんですけども この希釈率の定義っていうのを左のほう人かいております 肉盛りぬ草のこの a の面積と この機材から入り込んだ 希釈された面積これが b としまして シャーク率はこのような式で画像解析とうとうであの求めることが可能ですそしてこの 希釈率が7%10% 26%62%こちらの方で a 肉盛りをした場合のそれぞれの硬さの違いを言いたいと思います まずこれの肉盛り に関しましては肉盛り際はスプライトの6番 機材は刺すの山丸ようになっております 通常である汗雷の6番を守ればだいたいレーザープラティ見れば500とか40450
(27:52) これぐらいの硬さは出るんですけども a まあ7%とか10%であればだいたいこのように45 が400から後450から500の相手の行動がしっかりと出ています ただしですね希釈率が26%この下の冊サンマル読む材料が上に混ざってきた場合 だいたい硬さが400ぐらいまで落ちてしまいます そして で62%ガッツリしたの金属が辛いとに入ってきた場合 硬さは252160ぐらいの硬さまで低下します ですんで 肉盛り際の機能を十分に出すためには やはり希釈率はできるだけ少ないほうが望ましい っていうことは分かると思います同じ肉盛り剤を持ったとしても 本だけ硬さが違うんだよということを理解していただければなと思います そして最後に事例について説明したいと思います まずレーザープラティの事例試作実績としたしまして来貼る時に行けるピって月その たっっていうことで分けております
(28:57) コバルト機の場合の代表されるの肉盛り際はスライトの6ばそこに saas saint 4にスライドの6番ということでこちらのあのコンビに関しましては非常 に実績が多い 安慶也 ますので評価は丸となっております高圧 コーンの使用の便とか便座射出成形機をのスクリューとか まあこういったところに使われておりますそしてニッケルてぃ ニッケル基は色々ございますインコネルであったりこるものであったり ニッケル基の大月号機でスーパーするかこれはタングステンカーバイトが 入っている粉末ですねこういったところでも使わせていただいております そして次にて月こちらに感謝は skeed 60地の粉末を skd 61の上に 守るとか 粉末ハイスコを鋳鉄の上に守るとか 冊420 j 2の上に粉末ハイスを守るとか まあこういった形で最終的に硬さを求める場合 このハイスクを持つもルっていく とが多いです まぁまたですねその他のところでエンジンブロックではあるに鋳造品の の上に合同の合金を守るとか
(30:04) あの値64チタンの上に64したものとか まあこういったところでで実績はございますまあ中には失敗しているというものも ございますんで 全てが全てできるというわけで はありません そしてあの実際この事例として受賞したものが一つございます あの近畿経済産業局の関西ものづくり申請2017 新市場創出部門というところでまあフジ高周波という名前ではとってないんですけども この有限会社林シザーズ様と共同で開発した 利用しをのハサミこちらの先端にレーザークラッディングを施すことによって a メンテナンスフリーですねもう今まですぐに a 研磨をかけても乗ったものが非常に強い 刃先ができたのでメンテナンスがほとんど入らなくなったと言うようなものです そして次にハイスピードレーザーぷらてぃんぐこちらは普通のレーザーぷらてぃんぐで はなくて 速いスピードでレーザーぷらてぃんぐをするというような技術になります まあ一度このご覧いただけたらなと思います
(31:18) このシャフトの外周にスライトの6バッって厚みが100ミクロン程度守りたいと思い ます この移動速度は約40センチくらいですね 別で1分間にこれぐらいの太さの経営のシャフトであれば40センチぐらいは守ると いうことになります 非常に薄い肉盛り層を形成してワープに与える熱役は非常に少ない 3曇りになっております そして肉盛り込み歪みを0.02ミリ地味津波曇りそ 皮膜の硬さはエッジの52.5度低希釈率の日曇りが可能となっております そしてハイスピードレーザーぷらてぃんぐのもうちょっとの板をする時のハイスピード レーザーぷらてぃんぐですね先ほどはハイスピード来ない時でもシャフトのプラティの 時の事いいました 次はこれいたをするときですねで今この再生しているのが通常のレーザーぷらてぃんぐ です この通常レーザークラッチのした時はこの右車の裏面熱影響っていう写真見て頂けたら 分かるように裏面までし
(32:25) 金熱が入っておりますですんでやはり熱駅の大きい3曇りになってしまいます ています かタイプですねこのハイスピーの法則今から再生しますで見ていってください まったくスピード感が違うのが分かるかと思います これで終わりです同じ名跡をするのにこんだけ速度が違います 実際の速度のさんはだいたい通常が60センチに対してこのハイスピードが600 センチということで約10倍になっております もう一回再生したいと思います やはりこのスピードにすることによって裏面のねっ制御というものが全く違ってきます ほとんど熱が入ってないということになります そして最後に紹介するのがこの幅広のレーザーぷらてぃんぐになります まずはこちらの動画をご覧下さいこれは子 ax 11という幅広ノズルを使った肉も になります このように
(33:28) 幅広いビームを使ってそしてラインの粉末を供給することによって約これは16ミリ幅 ですね 16ミリ幅の肉盛りをしております こちらのに早をプレイ3いくとこのような形でん 非常に幅の広い肉盛りをさせていただいております ということですねあの私のあの報告発表は以上で終わりたいと思います 何かご質問等等がございましたら直接チャット方に入れていただけたらなと思いますの でよろしくお願い致しますあの ご清聴いただきどうもありがとうございました 何かございますでしょうかあの
(34:49) ないはい わかりましたそれではあのまたですねあの気づいたところがあればいつでもあのご質問 どのタイミングでも結構なんで質問していただければと思います最後にまたまとめて 質問はしたいなあっああんっ すいません いっけーあの q &できましたエッジ部のや綺麗において過度の時計などはありませ んか っていうことですねまぁエッジ部のや切れで過度のとけっていうことなんですけども やはりあの 絶対にゼロとは言えないですやはりエッジ部っていうのが非常にあの時計安い っていう形になりますんでまあ一番はあの少し 面取りが可能であれば面取りをするそうすれば過度の時計っていうのは のリスクは軽減されますただしですねものによってはエッジをしっかり立たせなければ いけない時あの 面取りができない時っていうのは実際問題としてございます まあ そのようなときはやはりあの こういう門ですねは溝に光を直接当てずに少し光打つラス このようにすることによって角部の時計を防止するというようなことになります
(36:06) レーザーや綺麗で我はないのでしょうかこれなんですけども 我というものは a 絶対にないとは言い切れないです ただしですねあの事故冷却っていうその事故冷却のメカニズムについてあまり詳しくは 説明はしてないんですけども あの槍やきうはれというものは あの 焼き割れというものはですねやっぱり あの冷却外後速度が速かったり 焼入れ温度が高かったりするとやはり発生してしまいます ですがですねレーザーや霧においてあの割れが発生しにくいのはその 冷却の際にですね自己冷却になりますんで あの300度いこが非常にゆっくりと弾いてくれます そうのゆっくり冷えることによってあの 我が出にくいというような状況になっております またのこれに良い感謝はちょっと色々と細かい事がありますんで あの個別でまた質問していただけたらなと思います
(37:13) はいっ 以上でよろしいでしょうかそれではあの 以上であのは宅地の報告は終わらせていただきますそれではあの 丸文株式会社の山内さんから次の age 報告をしていただきたいと思います それではですね今後藤社長の方よりレーザーも技術の方に関して説明をさせてい いただいたので私の方からですね設備の方に重きをおいてプレゼンをさせて頂ければと 思います このタイミングでですねその妹の飲んでいただいたりとかとカード伸ばしていただいて 今一度リラックスをして引き続きご覧頂ければと思います それでは画面を共有させていただきます ご成功待たせいたしましたそれでは熱核を向けレーザー設備のご紹介と題しまして会
(38:37) セミナーを始めさせていただきます 丸文株式会社レーザーカップ岡野さんないと思います宜しくお願いします セミナー入らないですね簡単に弊社の会社紹介させていただければと思います 携帯は勝者となっておりまして取り扱い製品の約9割が海外製品となっております そう行列って1844年設立が1947年の長くなった いまして1位地は東京都中央区の日本橋に ございますまたですねレーザーに関しましては1964年に国内初の映像輸入商社とし て飯山販売を行っておりましてこれまで約55年の長い歴史がございます それではですね今回のセミナーに入って行きたいと思いますが まずはじめに結論としてこちらのセミナーで皆様にお伝えしたいポイントに書かせて いただきました まず一つ目ですねレーザー設備を導入する鍵は4択であるということを1作というのは ですね実際に映像を使用してどのような加工結果になるの を見ていただくことに行きます
(39:42) この施策の結果に基づいて設備の導入フローというのを進めることになりますので まず施策というの重要な体になってきます そして2含めにアフターサポートが充実しているということがあります 先ほどですね取り扱い製品の約9割が海外製品であるというふうにお話をしたんです けども レーザーに関しましてもドイツの映像ラインという海外メーカーの製品を取り扱って おりますそんなですね海岸製品の取り扱いであったりだとか あとはメンテナンスっていうところに不安を持っている方も多いかと思うんですけれど も 者来たーーサポートというところが充実しておりますので後ほど詳しくお話をさせて 頂ければと思います そして3つ目にレーザーシステムは大きく打って22種類であるということ お客様のですね適用部品であったりとかを阻止性能によって設備仕様っていうのは 変わってくるんですけども大きく分けて レーザーシステムというのは一緒になりますこちら持ちほど詳しく説明をさせて いただきます最後の4つ目 レーザーは危険な設備であるということこちらはですね皆様にレーザー設備を安全に
(40:48) 運用していただくために レーザーの危険クラスであったりとか方運用上の安全基準についてお話をさせて頂けれ ばと思います それではまず初めになぜレーザー設備を導入する鍵が施策であるのかということについ て 設備導入フローに合わせてご説明をさせていただきます こちらがですね設備を導入する大まかな流れとなっております まず初めにしたくその結果から 設備仕様を検討して実際に据え付け そしてアフターサポートといった流れになります ではまず施策についてですがこちら期間が3ヶ月から2年程度という風に書いてある ようにですね富士高周波の方でもともと地検がある場合にはですねスムーズに進む場合 もあるんですけども お客様のワークの形状であったりとかまた欲しい性能を出すために 条件やっぱり部品というものそのものを変えたりする場合 ございますので期間が大きく変わってきます ここではお客様の案件に対して品質面ホスト面を最適化した
(41:55) 条件を模索して最適な設備構成を決める必要がございますこのですね試作工程を おろそかにしてしまうと設備立ち上げ後に風合いが生じてしまったりますか また先ほど5 東社長の説明でもありましたようにレーザーには苦手な分野っていうのもございますの で実際にこれ しっかりと検証をしていく必要がございますですのでこの試作工程っていうのは設備 導入フローの中でも一番重要な工程になっているというふうに言えます 次に設備仕様の打ち合わせに入っていきます ここではシステムインテグレーター同席のもとですね施策で決まった条件を再現する ための専用機の設計から見積耐用 までを行います その後に実際にお客様の会社で設備の据え付けを行っていきます ここでは設備立ち上げ後にですね想定した結果が出るか 動作確認というのも行いますので何か不具合が生じてしまった場合は修正に時間が かかる可能性もございます そして最後にアフターサポートということで設備導入後もですね
(43:03) 熱加工に関するご相談であったりとか保証メンテナンスサポートの対応をさせて いただきます 重いですねレーザー別処理技術のロン春に関する各種ご相談は f 二高周波工業 レーザー機器に関する各種対応は我々丸文のグループ会社である 4歳とテクノの方でご対応もさせていただいております それではですねここからこのアフターサポートについて 実際にどういった対応をさせていただいているのかっていうのを詳しく説明させて いただきます まずレーザー加工技術のサポートを行う富士高周波工業は大阪の堺市 そしてレーザー機器メンテナンス全般を行う foresight テクノは東京愛知の3都県でございます それではまず富士高周波のサポート内容についてですがまず一つ目が 熱加工熱核を前半の各種相談を行っております 設備導入後もですねハッを知っていて何かわからない事があった場合には電話ので電話 などでご相談を頂いて対応をしておりますそして2
(44:11) 爪にレーザービュー学というものがありますこちらはですね富士高周波の実際に来て いただいてい設備を使ってレーザー 熱格好の地図を学ぶことができるといったものになります ここでですねレーザー留学を行った a 者さんの例を挙げてみたいと思います a 社様ですねレーザークラッディング設備を導入しました 設備導入英語ですね0 富士高周波の方へ約2週間レーザー留学を行うってまずは機器の基本的な使い方の指導 と実践会次に条件だしのテクニックやコツを習得 また機器の不具合に対する対策 そしてレーザーぷらてぃんぐの品質管理方法の資料と実践というものを行ったいました そうしてですね 富士高周波への留学を通して実際に 者設備の水色だ違うものを行いました その後もですね自社設備で何か肌があった場合には都度 電話の方で富士高周波の方へご相談を頂いております お客様の声としましてはエジシャルすぐ設備が使えるようになった またへ
(45:17) 骨を知ったことで条件だしにかかる時間が減った そしてレーザー留学にお金がかかるがゼロから立ち上げることを考えれば トータル的なコストが下がったというようなお声をいただいております 次に4歳とテクノのサポート内容についてになりますが まずレーザー機器の古書取り扱いサポートを行っております またですね何か不具合が生じた場合には担当者が東京日目 愛知に4名おりますので巻いている場合は3日以内に対応をさせていただいております では心ですね動いとしてどのようなものがあるのかというのは過去の不具合事例2つご 紹介させていただければと思います まず一つ目がファイバーケーブルの損傷 なりますこちらを上げすぎておりてしまうというようなケースが想定されます ファイバーケーブルはですね曲げ範囲が300ミリ以上というふうに決まっております ので 右上のそのようにですね 曲げすぎてしまうと折れてしまう恐れがあります
(46:22) ですので半径が300ミリかにならないように注意をする必要がございます 次に戻り校で焼けてしまうといったケースになります こちら高反射材を加工する場合には垂直に光学系をセットしますと 線としてしまうと雌木下の図のように ファイバーケーブルの先端が焼けてしまうといったおそれがございます レスので このようにですね工学系の角度を変えて加工するっていうような注意が必要になってき ます このようなことからですねファイバーケーブルの交換が必要になってきますと価格は約 100万円から200万円 納期が約1.5カ月ほどかかってしまいますので十分注意をしてお使い頂く必要が ございます 次にレーザー機器の結露によるトラブルがあります レーザー発振器はですね通常約15度になるように位置等を用いて冷却をしております が 例えば夏場30度を超える部屋との音楽温度差ですよね写真のように結論をしてしまっ て
(47:28) 法学系のレンズ部分について気がついてレーザー 和光が通らなくなってしまうといったおそれがございます ですので例えば外気温に合わせて冷却水温25度にしたりですとか ドライヤーで空気中の筒を下げたりぷするといった調整が必要になってきます では続きまして御説明についてのお話をさせていただきたいと思いますが 0参列化構想としては大きく分けてロボットシステム また量産型システム専用システムですねっていうのは3種類に分けられます こちらをですね加工するは額の計上であったりとか また狙う加工結果によって選択をしていきます ではまずロボットシステムについてですがこちら先ほどのバーチャル工場兼株の方でも ですねご覧いただいたように レーザー発振器彼方また光学系やその他付帯設備が設置されておりますが レーザーを出せ光学系をロボットに持たせて加工するというようなシステムになります
(48:34) 6軸ロボットまたミュージックポジションのっていうのを使用することであらゆる角度 h から加工ができますので少量多品種の過去がしたいといった要望に対してご提案さ せていただく設備ないよ あります しかしですね参考としですがロボットの位置精度+-1000.07mm 風になって おりまして心数字だけを見るとそれほど問題はないように思えるんですけども 光学系から下降点までにマイですね例えば200ml ように距離がありますので実際 の下降点では大きな誤差となってしまう場合 がございますですのでどこまでその後さを許容できるのかといったところが歯切りなっ ていくのではないかと思います では続きましてオリジナルシステムについてご紹介をさせていただきます こちらは先ほどと基本的な付帯設備を同じになるんですけども 頭にありますようにですねワークを搬送してそれをロボットで加工て3セットして光学 系は固定で加工を行うシステムとなります 先ほどのロボットシステムとは違いまして光学系が固定されていますので汎用性は低く
(49:43) なるんですけども 再現性の高い加工が行っていうのを ベジットとなります ではですねここから各システムを使用した事例をいくつがご紹介させていただきます まずはロボットシステムの事例についてこちらに記載された 4つの事例を紹介させていただきたいと思います こちらがですねロボットシステムを用いてクランクシャフトにやキレイをした事例と なっております えんっ 年小型化が進んでいるクランぶしゃーとですが従来工法であったですね報酬早く綺麗で ば へ 傷実が大きくなってしまいますのでレース だけれども人が住んでおりますまたなシェイク呼ばれるとこでクラム#ランクシャフト の p 8 journal 部の rk 所部分にレーザーやキレイをしております rk 上部 m 8 q 0の問題点としては はい今声は聞こえていますでしょうか
(51:35) えっ 連休は もう一度共有しますですねしません まあ画面映りましたでしょうかはい失礼しました ん 映像猫のようですね r 部分に対して来たバナナ西武っていうのはものを使って均一 な焼入れパターン着物を作成することができます こちらもですね光学系をロボットに持たせてタービンブレード会や給料した事例となっ ております こちらの製品はですね回転して水滴に当たることで摩耗してしまうので マモが発生する部分を願ってや給料する必要がありますまたですねアーメン無礼とは 部分によって厚みが違いますので 中将の ホップハットのレーザーを照射してしまうとですね薄い部分と厚い部分で焼きの入り 具合が変わってしまいます そのため部分的に精密な温度コントロールが必要になってきます
(52:42) そこでですねスキャナーを用いてフルスピードをコントロールして右上の別分布の4 ですね ビーム強度が旧ずになるように厚い部分はゆっくり 付薄い部分は早く映像を振ることで全体的に均一な 焼入れが可能となっております こちらはですねロボットとポジションの動きを同期させてまたこれまでも陸もの説明で あった粉末を守るものではなくて 1塩を溶かしていく森をした加工事例となっております 歩留まりが約100%で粉末の飛散が少なくですね 環境性が非常に良いといったものになっております また映像からも分かるようにですねレーザーとワイヤーが同軸になっておりますので 360度どの角度からでもワイヤーを溶かすことが可能となっております またですねこちらが内面に曇りをレーザー加工当地 いう風になっておりましてロボットにこのような内面化紅葉の加工統治を もだして写真のような内面部分にレーザー肉の量
(53:48) していった事例になっております 内径はい50ミリメートル長さは200ミリから300mm ミリまで対応しており ましてや地理をの日にはなりますが ヘッド回転機構を用いたユニットもございます それでは続いて西洋システムの事例についてこちらは2つの事例を紹介させていただき ます こちらがハイスピードレーザープラティの事例となっております ハイスピードレーザーカッティングはですねギャップ裕度が狭いためより高精度な加工 が必要となります そのため法学系はやる矢印方向へ いちじくで動かしましてございは旋盤を用いて高速に回転をさせることで高精度な 曇りを可能としております またですねこちらが加工工程を集約した複合地となります 通常ですねや給料する場合には別行程として荒加工などをする必要があるんですけども こちらは様々な加工工程を集約したシステムとなっております まぞんぱですねこちら布巾に対してから角をしてどういうふうにドリルで来週に穴を 開けております
(54:57) 次ですねこのように チャックで掴みまして切断をしていきます ついですねこのようにタンメンを 荒加工してそしてそのまま別の部屋は別の部屋移動させて レーザーを照射土地焼入れをしていきます 今栄三や切りをしております 4レーザーやキレイが終わりましたら やという部分の仕上げ方を行っていきます そして最後に搬送というの流れになります このようにですね様々な工程を集約した設備事例の紹介となります それから最後にご紹介したこれが2つのシステムの特徴をこちらにまとめさせて いただきました
(56:01) まずロボットシステムの特徴は光学系をロボットに持たせて あらゆる角で一から加工することができますので汎用性が高いというのが開けられます 対してオリジナルシステムは工学系が固定されておりますので ロボットシステムに比べて汎用性が 低いといった特徴がございます また氏のロボットシステムはロボットの駆動域を確保するスペースが必要となりますの で広いスペースが必要となりますが 対してオリジナルシステムは省スペースが可能というふうになります よってですねロボットシステムは少量多品種の熱処理 そしてオリジナルシステムは量産ライン化に向いた 設備システムとなります このようにですねお客様の適用部品であったりとか また求める加工結果によってご提案させて頂いております 量ですね実際にこのようなレーザー設備っていうのはどれほどのコストがかかるのか 同じ正直気になる部分だと思いますのでここから説明をさせていただきたいと思います 前提として実際の基本的な設備構成はこちらのようになりますまずレーザー発振器が
(57:10) ありましてレーザーを照射する工学 また発信機と大学系をつなぐ ファイバーケーブルがありますまたですね標準セット機器は左からチラーが2機 昇圧トランス6軸ロボット社平作 制御盤となりますがこれでも選択するステップであったりとか またオプションによってコストが大きく変わってきます オプション品としていくつかご紹介をさせていただきますとこちらは同軸 ccd カメラを行っておりまして レーザー加工点を同時カメラで撮影してレーザーは下降点で 発生しましたレーザー加工程度時間を撮影してリアルタイムでモニターに動画として 打つことができるといったものになります レーザーはですね下降点で効率よくワークを加熱できるようにですね 照射位置を調整する必要がございます それでは動画をご覧いただきたいと思いますが こちら実際に同軸 ccd カメラを使用して 位置合わせをしております
(58:16) 光学系と同軸のカメラで加工点にフォーカスを合わせていきます これですねこちらはカメラで簡単に高さを合わせて照射位置を決めることができます そしてフォーカスが合いましたらレーザーを照射していきます 今レーザーが照射されました このようにですね下降点の位置合わせというものがカンタンになりまして作業効率を 向上させることが可能となります こちらですね焼きいるように使える視力制御装置の放射温度計となっておりまして 一定の温度で常に加工ができるように温度をフィードバックして出力調整をしてくれる 機会となっております 例えばですねお客様の求める出力でレーザーを走らせて加工した場合最後のほうになる 2 何です熱がたまってしまいますので最初は鮮度 だったものが最後の方になると1100度9分ですね温度が変わってしまって
(59:23) 結果入るかと者が変わってしまいます そこでこちらの製品を使用することでグラフの用意ですね 常に一定の温度で発酵ができるように設定をして頂くことで その温度に合わせて出力を下げたりまたあげたいっていうふうに調整をして安定的に 加工することが可能となっております また続きましてこちらが主な用途としては肉盛りようにお使いいただく emacs という出力制御ソースなっておりますこちらカメラを使用してか工程後道 を見て温度に変化もしております 昨日は2つございまして一つ目は先ほどの放射本土月光放射温度計と同じように下降点 温度を見て一定の温度になるようにフィードバックをしていきます2つ目の機能とし ましては 8誘致のサイズレーザー陸にも解けたところですねその部分をコントロールすることが できます ます こちらがあり
(01:00:30) 温度を見てのいっ のっ リー商店製であこんでいる6 ありがとうございますが誰か14.22のっ nb いい そしてこれが今こういう2 他に良い動画を登って ましてクリック no よっ ページ音に設定したよう口になるように何が起こっ ゆっくりとエッ こちらが実際に加工したグラフの結果となっておりますが 兄の温度設定設定温度以上にピクセル b の設定温度以上のピクセル数であるよう 誘致がですね 一定になるようにレーザー視力を上げたり下げたりというふうに調整をしております じゃレーザー焼きで同僚ですねレーザーに曇りの方でも後半になり道 出て熱がこもってしまいますのでレーザー視力の方も後半になるにつれて下がっていく ようなブラックとなっております
(01:01:36) こちらですね温度フィードバッグを使用していないバイト使用した場合の河口湖の切断 面の写真となっております 進行方向の後半が通常であれば熱がたまってしまいますので 上の写真のように深く溶け込んでしまうんですけども 今度フィードバックを使用することで下の写真のように一定に全体的に版 でした溶け込み深さを実現することができるといったものになります 続きましてこちらがを fly 6をクライン済南愚策と となっておりましてこちら動画を流させていただきます 通常ですねロボットを動かすには座標覚え込ませて少しずつ 9陳宮する必要があるんですけどもこちらはですね動画のように始点途中点を ソフトウェア上で設定することで簡単にロボットのティーチングというものを行うこと ができまして 実際のティーチングデータというものを生成することができます よってですね加工が難しいような複雑経営者のワークであったりとか
(01:02:43) またティーチングが難しい言った場合にご使用いただくような製品となっております これまでですね説明した標準セットやってあったりとか またオプション品を含めまして概算でこのようなコスト感となります こちら横軸がレーザー出力縦軸が解散コストという風になっておりまして アプリケーションによって必要なレーザー視力というのは大きく変わってきますので 選択するレーザーの出力であったり またオプション品によってコストが大きく変わるっていうことを知って頂ければと思い ます では最後にですね皆様にレーザー水を安全に運用していただくために レーザーの起点クラスまた運用も上の安全基準についてお話をさせていただきたいと 思います ではまずレーザーの危険クラスについてですがこちらは上から順に安全のレーザー プラスとその1月を記載しております
(01:03:50) その中でですね我々がとりあえずとレーザーというものが一番下のクラス4 いう風になっておりまして皮膚や眼に触れてしまうと生涯をもたらそうそれが大変な 大変危険だ レーザーと なっております ですのでレーザーを運用するためにはレーザー設備を適切に管理する選挙責任者を選任 することであったりとか また冷蔵目に触れてはいけないのでレーザー用の保護メガネいうものを着用する必要 などがございますこのがですね様々な安全基準を網羅した設備というものを我々ばも点 をさせていただいております またですね foresight てくるの方では安全教育というものを個別に行って おりまして このようなレーザー光による眼の障害であったりとか 皮膚の障害といった事故事例の紹介などをしております またですね富士攻守富士高周波工業の方ではレーザープラットフォーム協議で協議会と いうな公的な機関を立ち上げておりまして 会長が大阪大学の塚本教授副会長は富士高周波工業のおとう社長が務めておりますちょ 中小企業40社程度の集まりとなっておりまして
(01:05:00) 企業向けの 研究開発支援であったりとかまたレーザー加工管理技術のに行ってまた各種セミナーの 開催って目はを行っております こちら詳しくはホームページに記載がされておりますのでご興味のある方はご連合ご覧 頂ければと思います では最後にですね改めてこちらにポイントを描かせていただきました まず一つ目に抱くの結果によってですねその後の設備の導入フローっていうものを決定 すること必要がありますので レーザー設備を導入する鍵は施策であろうことがあります そして2つめに設備導入もですね レーザー技術レーザー機器に関する様々なアフターサポートが充実しているということ があります また3つ目にレーザーシステムは大きく分けて ロボットシステムまた量産型システムの2種類であるということがあります そして最後に4つ目レーザー室 レーザーシステムはレザ説明は目や皮膚にフレット障害をもたらす恐れがある大変危険 な設備であるということがあります
(01:06:05) 以上でレーザーの近くを進みに関するセミナーを終了させていただきます 最後までご覧いただき有り難うございました 以上でプレゼンの方は終了させていただきますがじゃ q & a のの 見ていただきたいと思います こちらは設備に関して 質問を頂いておりますので所説明関する詳しい質問というものは弊社の江島の放火が 回答させて頂ければと思います それではあらたにする清酒お時間頂きましたが弊社の江島の方から質問の回答をさせて
(01:07:47) いただきたいと思います宜しくお願いします 聞こえますでしょうか すいませんえっと私のほうが今の方から回答させていただきます 質問の内容は emacs と鵬翔の計の機能の違いについてということで理解して おりますが d max も方ション時計も基本的にフォトダイオードというですねセンサーを使っ て表面加工している表面の温度を見るという点においては 同じなんですがそのモンドを見るためのですねえとものが
(01:08:54) フォトダイオードというのを使うものと後 emacs はカメラを使うと ってこの emacs も普通のカメラではなくてグレースケールで 8加工している表面の温度を読み取るカメラを使っておりますのでへ飛びているものは 最終的に材料の表面温度をですね a 棟 温度換算してソフト上に波形として表記させるんですがその 加工しているところの温度を見ると方法として カメラを使う emacs と放射温度計を使う マートフォトダイオード柄放射温度計というものとの違いがありますで間違いの一番 大きな違いはですね 8拾う温度におけるサンプリングレートで応答性が 高となりまして emacs の方はだいたい 毎秒8200回ですが200hz でサンプリングレートとしてひょうきんを温度を拾っていまして 放射温度計のほうは最大で10khz の高速で越冬温度を拾っていくというものが 違いとしてございます
(01:10:00) の動画お客様が下降する対象物ですとか用途に合わせて8 emacs をご選定 いただいたり 放射温度計をご選定させて頂いたりということでまぁお客様の施工をどういうことを するかによってこちらからもその機能のですね有効な部分をご紹介して選定の方をさせ て頂い ております 私からの説明は以上となります ありがとうございます [音楽] こちら引き続き質問を頂いておりますので現れまして弊社の市場の方から回答をさせて 頂ければと思います 宜しくお願いします ハイ3分グレーとの違いのほかにはというお問い合わせをいただいておりますけれども サンプリングえっとの違いのほかですと8 emacs の方は表
(01:11:11) まあ今クスも放射温度計も見る測定の考え方は一緒なんですがソフトにおいてですね emacs の方は下降している ところのよう誘致や霧の場合は基本的に材料を溶かさないプロセスとなりますが 肉盛りとバルクラッティングの場合は材料を溶かしてよう誘致をつくってからそこに 粉末を溶かし込んでいこ無理を形成していくというプロセスになりますので といいマック数を使う場合には8誘致の管理というところが重要 となってまいりますのでサンプリングレートの違いとしたのほかにですね emacs の場合は8誘致の大きさをもとに プロセスの管理をするということができるようになっております と魔法書ん時計はですねという誘致の管理というところができませんので まあよう誘致の温度を見ながらコントロールするということはできる になりますが好きほどの説明で放射温度計はサンプリングレートが10khz と非常 に高速で応答性がありますので施工しているところのスパッタとかですね またちょっと急激な温度変化を拾いやすくなってしまいますので えっと肉無理をする場合にはアン的なこの emacs と呼ばれるカメラベースの
(01:12:18) 放射んぺーと温度制御機器ですねこちらを まあを提案させて頂いております 次コスト面というを出していただいておりますがこれは ad max とほうしょん 時におけるコスト面という理解ってお話をさせて頂きますと be max はだいたい8概算価格で500万円 放射温度計のほうは概算科学で250万円と科学が場合になりますのでお客様の声 さんですとかどういった8施工内容等で行うかによって二つとも使うことが出来ますの で 8どちらかよろしい本をご紹介を提案させて頂いております 以上となります ありがとうございます それでは質問今回答させていただきますだがは何か他に質問でございませんでしょうか はいなければですねこちらの方で私のプレゼンの方は終了させていただきたいと思い
(01:13:27) ますありがとうございました それではですね最後にアンケートのご協力をお願いしたいと思いますのでこちら解凍 方法について説明をさせていただきたいと思います こちらですね冒頭の方にもお話をしましたがアンケートのが協力いただいたか2に関し ましては 本日のセミナー資料を送付させていただきますのでぜひ回答のほうお願い申し上げます それでは画面を共有させていただきます 今ですね皆様の画面がこのように表示されているかと思いますが 中央下のチャットしますというボタンをクリックして頂きますと このように右側に入っ ちょっと画面が表示されますこっちのチャット画面のほうですね 本セミナーのアンケート url 記載させて頂いておりますのでそちらのリンクから アンケートのご回答お願いいたしますまたですね今回 youtube から を同時配信させて頂いておりますが youtube 配信からご覧になられているお
(01:14:35) 客様に関しましては本日の御膳 中に送付させて頂いておりますリマインドメールの方にもですね アンケート url を記載させて頂いておりますのでそちらのリンクからアンケート の回答お願い申し上げます 以上で御ケットの解凍方法の説明を終了させていただきます それでは長丁場となりましたが以上でレーザー熱各オンラインセミナーを終了させて いただきます 今回今回のセミナーに感謝ですね何かスプーンがあった場合にはですね まあこちらの q & a の方に引き続き機にをいただくかもしくはアンケートの方 にも個別見てスノーも絹いただければと思いますのでよろしくお願い申し上げます 64時45分まで こちらの時間まではあのここを開いたやままにしておきますので何か質問があれば是非 とも入れていただければなと思います宜しくお願いします
(01:19:01) お時間になりましたで行っ以上で本日のレーザー熱加工オンラインセミナー終了させて いただきます 最後までご視聴いただきありがとうございましたありがとうございました

関連記事一覧