モノの正しい取り扱い方->モノの状態を認識して正しく扱う

モノには、それぞれの価値があります。
しかし、モノの取り扱いを間違えると、その扱ったモノだけでなく、他のモノにも影響します。
場合によっては、人命に関わる問題となったり、会社の存続に関わる問題となったりすることもあります。
モノの取り扱い方を間違えると、安全に関わる問題となることがあります。
モノの取り扱いでは、その影響を認識し、正しく、注意して扱うことを心がけましょう。

 

【書き起こし】モノの正しい取り扱い方->モノの状態を認識して正しく扱う

(00:00) ここのものにはそれぞれの価値があります しかしものの取り扱いを間違えるとその扱ったものだけでなく他のものにも影響します 場合によっては人命にかかわる問題となったり会社の存続に関わる問題となったりする こともあります ものの取り扱い方を間違えると安全に関わる問題となることがあります 落としてしまったり危険物を正しく扱わないことでケガや病気になる場合もあります また品質を損なうこともあります正しく扱わないために部品や機器が破損したり不良品 が紛れたりすることがありますまたコストアップの原因となることもあります正しい 持ち方を着方をしないために 作業に無駄が発生し 生産性が経過することがあります また納期遅れの原因となることもあります 正しい梱包や運搬をしないために配送間違いや遅れが生じることがありますこのように
(01:09) ものの取り扱い方を間違えるとものの価値を失うだけではありません ものの取り扱いではその影響認識し正しく 注意して扱うことを心がけましょう ものには2つの状態があります ものを扱うときにはそのものがどのような状態にあるか確認することが大切です ものには日常と非日常の状態がありますいつも通りか いつもとは違う状態かということです後 エヴァいつもの業者が納品した材料か違う業者が納品した材料かということです いつもと違う業者が納品した材料の場合その材料はいつもと違う梱包や運搬がされいつ もは破損しない箇所が破損しているという問題が起きることがあります 受け入れする上で注意が必要です 定常と日形状という状態もあります 安定状態にあるか安定状態にないかというものです
(02:16) 例えば生産した製品の寸法にばらつきが少なく安定しているか 寸法にだら月があり不安定化ということです 文法に誰月がある場合大きく外れて不良品となるリスクが高まります 正常と異常という状態もあります 低遠いか規定から外れているかと言うものです 例えば湿度が高いため塗装の乾燥時間を規定上に長くして生産した製品か 規定通りの乾燥時間の製品かということです 規定より長い時間で完走した製品は塗装の間奏以外の不良を引き起こしている可能性が あります ものは一見してもこれら状態の違いを識別することができません ものの取り扱い方でこれら超大の違いが分かるようにしましょう 日常否定所以上の状態にあるものは使うときは必ず 上司や管理せに連絡しその指示に従ってください
(03:23) ものの状態は置かれている状態から 識別することができます決められた場所に置かれているか確認してください もし違う場所に置かれている場合例えば パレットに乗せるものが載せられていなかった場合それは以上品などである可能性が あります ますパレットに乗せて運んだりしてはいけません ごちゃごちゃに置いてある場合その中には正常品以上品費傾聴品などが混ざっている 可能性がありますその中のものは確認しないまま使ってはいけません破損開墾してある バー いいそれは以上品などです使ってはいけません ものの取り扱いの大イップは現品の確認です 現品票やラベルなどによって現品を識別する 品番や品名ロッド番号などを確認します 次に置かれている場所に表示されている 現品を識別できる品番や品名などを確認します
(04:31) もし場所の表示とものに付けられている現品票やラベルが異なる場合は上司や管理者に 連絡してください 置かれている場所に現品を識別 いう表示がない場合もありますその場合は現品票やラベルを前に向けて現品を識別し やすいようにしましょう 作業をする場合は作業伝票などの品番や品名なども必ず確認してください 物を運ぶときは破損や紛失などをしないように注意して行います 手で運ぶときは1回に1個だけ運ぶようにします3個以上持って運ぶと落とす危険が ありますまた 取り間違えをする可能性もあります3個維持を運ぶときわ台 車などを使って運ぶようにします台車に乗せる時は 取り間違いが起きないように整理して載せましょう ものを置くときは決められた場所に決められたものを置きます 決められた場所に置くことで以上へ非定常の状態にあるものが識別でき
(05:40) 間違い防止になります決められた行を置きます 決められた量以上のものを置くと置き場所からはみ出して他に紛れたり 以上品との区別ができなくなったりするなどの問題を引き起こします また決められた量以上のものを無理して積み重ねておくことで に崩れを起こし製品を破損させたり作業者にケガをさ せたりする可能性がありますものを置くときは他のものと混在しないようにしましょう ものが損傷や汚染などしないような置き方をしましょう ものの識別では現品票やラベルを手でしかあり 現品確認が正しくできるようにしましょう 状態が識別できなかったり間違えたりして問題を起こすことがよくあります状態の識別 には特に注意してください 正しく作業が終わり料 品であるものは完成品などの表示をして次の工程や顧客へ引き渡して良い状態にある ことがわかるようにしてください
(06:47) 表示名は会社によって異なります 会社のルールに従ってください不良品や以上品などは目立ついるなどで不良品な の表示で識別して次の光景や顧客に引き渡されないようにしてください 検査待ち半径町などのものは保留品などの表示で識別して完成品不良品と区分して保管 するようにします ものの取り扱いによる問題で最も多いものが中途半端な状態のものを引き渡してしまう というものです 通常の作業では作業途中のものが次の光景や顧客に引き渡されることはありません 完成したものだけが引き渡されますしかし 作業をしている途中で休憩時間になったとき 作業途中の中途半端な状態にあるものをそのまま置いて休憩に入ってしまうことがあり ます 休憩から戻ってきた時作業が完了したと勘違いして その中途半端な状態のものを引き渡してしまう可能性があり
(07:56) ます休憩に行く時は作業を完了させてから休憩に行くようにします ものを中途半端な状態にしたまま作業を中断したりそこから離れたりしないようにし ましょう 扱うものが燃料や化学物質のような場合その取り扱いは公的な有資格者しかできない ことがあります 食品や薬品放射性物質なども資格が必要となる場合があります 同様に設備機器でも捜査に免許が必要なものがあります 取扱資格を持っていないものは絶対に扱わないようにしてください 資格が必要か上司や管理者に確認するようにしましょう

consultsourcing.jp

関連記事一覧