【半自動溶接】混合ガスで横向きマグ溶接

https://www.youtube.com/watch?v=wiNWL-QVkzk

JIS試験のSA-2Hと同じ形式でマグ溶接で行いました。
試験の解説動画ではないです。
今度Co2でのソリッド試験解説編は作成します。
仕様ワイヤーはMG-50Tの1.2ミリです。

 

【書き起こし】【半自動溶接】混合ガスで横向きマグ溶接をしてみました。

(00:00) [音楽] ウェルディング tv です今回は jis 試験の sa の兄 h をソリッドワイヤーでやってみたいと思います今回単3月じゃなくて混合ガスを使い たいと思います jis 試験は炭酸ガスを使わないといけませんが今回ちょっとあの混合ガスが残り 少なかったので使ってしまいたいということもあって 金剛バスで行ってみたいと いますピースアイスへの21と全く同じですねここが200で120号 ていた奴が休眠で海崎角度は30度沿っていますあと和洋折衷に解説していきたいと 思います今回の電気です 再生は走者が切れ役 マグ所そうです諸相だけ 抗体法で守っていきたいとおもいますワイヤーを短くしておいて振りフローをしっかり 行い アークを発生させます here are the solid ではすぐローがいる のでフリーフローが重要です自分が使っている機種はふりふろーがー ありますが古い機械だとないことが多いのでワイヤーをノズルのツラできて バイヤーが不在でスパークする間を利用してプリグローンを行います
(01:08) 諸相を全身泡であると肉がすぐに上がってきて当てが姉の飛び込みが悪く感じるので 今回は初層の3交代方であります 炭酸ガスでも混合ガスでもやり方はさほど変わらないと思いますが 次回は炭酸ガスで同じことをやりたいと思います バグの場合は炭酸ガス100%の違い 溶け込みが浅いので co2の時よりは的確にウィービングを行って持って行ってい ます 病気はで ぽけコミ二料理がないようにプールの広がりは期待せず b bing で補います このあたりで統治が変に曲がっていたことに気づき ワイヤーの出が悪く不安定になってしまいました ソリッドは特に詰まりやすいのでスムーズに送球できるようになるべく登頂まっすぐに したいところです 諸相外観でしゅ会館は母体の舗装です マグナのでスパッターがほとんどついていません [音楽] 今回のリービングは三角を描いているんですが
(02:14) 庶層はゆっくり行きましたが庶層以降は割と早く進んでいるのでほぼ回しているような 感じです グラックスやソリッドのターン3ではそこまでリービングしなくても良いと思いますが マグの場合は所走でもしっかりリビングしています 横向きなのであまり電気もあげれないのでなおさらです 2走目からはすべて全身泡で行います 映像の通り回先をちょっと残しながら進んでいます ここで吊らまで上げてしまうと仕上げがオウムアラップしやすいので余裕を持たせます もし肉が多すぎた場合は前後のストリンガーで素早く持って行って垂れないように調整 します 吊らより12ミリて込んでいると仕上げがしやすいかなと思います これを見るかにもうちょっと回先を残しても良かったかなと思います 3発目です3発目と大して変わらないですが上の会先を溶かさないようにと肉を入れ 過ぎないようにします
(03:17) 今回アーク特性という機能を使おうと思っていましたが忘れているので若干安定性に 欠ける電気です アーク特性はコメント欄より教えて頂いたんですが 数値をプラス圏にすると硬くなり数値をマイナス権利すると柔らかくなるといった感じ でした 低い電気ではプラス圏にするとだいぶ安定しました その他ブラックスでは当局お店魚やいろいろ機能はあるんですがほとんど現場溶接だっ たこともありそういう機会依存的な機能はほとんど使ってこなかったので最近は いろいろな発見があります 次回はマグの上り or アーク特性を使って行う動画を出すのでこちらもよければ見 てみてください 4発目です下側を素早く指針でいきます 今ワイヤーがトーチランやの中で回転してきゃっ線してしまいました 当地に癖がつき始めると頻繁に起こるので当地の扱いには気をつけます 溶接工じゃない方が浴槽吸気を乱雑に扱っていてダメになっているなんてことは にちじょうさはんじです
(04:26) ソリッドの利点はスラグがないことですがマグになるとスパッターもかなり減るので かなり処理は楽です あまりシビアに電気合わせていませんがちゃんと合わせればスパッターはほぼゼロまで することも可能なので慣れるとかなり効率的かと思います [音楽] 4パス名ですここはしっかり肉を上げないといけないため大きくウィングしながら進み ます 6パス目がラップすると崩れるのでこの後パス目が一番高くないといけません マグはすぐに口が固まるので b でを加減にしたい位置までしっかりワイヤーおか ないと肉芽形成されません クラックスなどはちょっと落ちて固まりますがマグはそのまま固まります横向きで電気 が低いこともあってなおさらです上と下のバランスを見ながら進行速度 調整します 今回はマグでやっているので参考にはならないと思いますが s day の22 h 悪くパスで仕上げるのが一番無難かなと思いますフラックス でしかやったことないのでわかりませんが
(05:32) 次回は単3月で同じことをやってみて 外観にどう違いがでるかアークの安定性や スパッタなどを得書く してみたいと思っています 外観は当然マグがば去るとは思いますが 炭酸は溶け込みやすいので間抜けだった感じになるかもしれません 6 the すすめです今回は細く早く進みますここでもうちょっと余裕があったら 良かったかもしれません 肉をなじませながら進みます また別で当金らしの諸相を裏何も今度チャレンジしてみたいと思います テクノ裏波溶接もなかなか時間がかかりますし シビアではない製品ではマグでの浦波応接も導入したいと考えているのでそれの練習が てらにでも行ってみたいと思います コスト面では炭酸ガスよりは高いですが手間を考えると混合がその方がコスト面でも 優位性があると書かれている記事もありました 複合的な要素があると思うので一概には言えないと思いますが自分の工場でのパイプ 裏波溶接や仕上げまでにも採用しようかなーと考えています
(06:39) ええええええ 外観はこんな感じになりました4発目の下側でワイヤーが回転したところだけ幅が おかしくなっていますが 武川良好かなと思います [音楽] ここからは5倍速で最初から最後までを機に流します そういえばマグとはメタルアクティブかその頭文字でよく co2とマグでコストが 比較されています 表面的に見れば co2の約2倍のコストですが しまった処理安らぐ処理など総合的に考えると バグの方が効率は1.2倍ほど上がるそうです 2 ヨーロッパではマグの方が圧倒的に多いということです そう言われてもピンとこないので実際に今度似たような条件のもと炭酸がその ブラックスは嫌 炭酸ガスのソリッドワイヤ今後がそのソリッドワイア で配管溶接をポジショナーで行い8せ から仕上げ処理までの時間を比較してみた動画を作ってみたいと思います
(07:48) マグは外観もきれいですし念のためスパッタ防止剤など塗ってからマグでやれば ほとんど仕上げ作業とは無縁になれるかなと考えております 実際に採用されている方がいたらいいねん悪い面などコメント欄より教えてくださいご 視聴ありがとうございました

#MAG #MIG #半自動

関連記事一覧